シバリガールズ

[やく様の独り言] 緊縛との出会い



今回は、私が緊縛を知った経緯を
お話しようと思います。

私が緊縛を知ったのは
小学5年生の時です。
プロフィールにも書いてありますが、
ネットのAV動画で見つけました。
この頃から美しい人が好きで
AV女優さんの綺麗な顔立ちや
女性らしいボディラインに
憧れて見ていました。

好みの女優さんの動画を見ていた時、
ふと  他の動画とは少し異なる
麻縄、蝋燭、鞭等が珍しく思い
"緊縛"と書かれた動画を見てみました。
当時は"緊縛"の読み方も
分かっていませんでしたが、
とても衝撃を受けたのを覚えています。
"縄で全身の自由を奪われた状態で
責められる"という内容でしたが、
縄で縛られ血行が悪く紫色になっていく身体.女優さんの恍惚とした表情.何をされても身体が反応している(脳イキですね)姿を見て、普通のsexとは違うものを感じました。
その後も、緊縛動画を見続け"これは演技ではないのか?"という疑問と"自分も縛られてみたい"と思うようになりました。

ですが、まだ学生です。
親や友人に相談することも出来なかったので、
まず拘束アクセサリーを
身に付けるようになりました。
首輪、腕輪、指輪、アンクレット、ハーネス等は普段付けていても
不思議に思われる事は無いので。
それらを付ける事で、
包まれる安心感のようなものを感じていました。
今でも 身体を束縛するアイテムは好きでよく身に付けています。


次回、私が身に付けているアイテム.
おすすめの物をご紹介しようかと思います。

良かったら こちらも Twitter→@_h0y_
 
 
 

キュレーター紹介

感情を表現する事が苦手で世間一般の常識に疑問を抱き、1日の大半は外に出る事がない やく。 緊縛に興味をもったのはAVでのプレイを見てからとの事。 "情や欲はほぼありません"と言う彼女の緊縛写真からは『無機質な物に成りたい』とゆう思いが伝わってくる。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

この記事に対するコメントはまだありません