シバリガールズ

[やく様の独り言] 私の性癖

 
今回は私の性癖についてお話しようと思います。
まず性癖とは その人の心理・癖・価値観等の事であり、
性的な意味のみではありません。Twitter等で勘違いされている方が多いようでしたのでここに記載させていただきます。

性癖といっても沢山あるので
2つ程紹介しようと思います。

1つ目.以前の記事でもお伝えしましたが、私は"死"が悪いことだ という認識はありません。むしろ美しいものだと思っています。これは私の思考の根本的な部分であり、だからこそ 様々な物事を柔軟に受け入れることが出来ていると思っています。

2つ目.自分自身を含めた生き物は全て"謎の生命体"だと認識しています。簡単にいうと、人間も犬も虫も宇宙人も 私から見たら同じエイリアンということですね。
何故なら理解不能だからです。同じ人間だとしても どうしても分かり合えない人って誰しもいますよね。それは当然の事だと思います。育ってきた環境や宗教等、全く同じ人はいないのだから分かり合えないのは仕方がないです。
私は自分自身の事すら分からなくなる時があります。そんな私が他の生命体の事など理解出来るはずがありません。なので、人と関わる時は細心の注意を心掛けていますし、絶対に信用しません。極端な話 殺されても構わないと思っています。私も人間として生まれた以上 生命体との関わりは断ち切れないので どうしようも無いです。

このような話をすると「もう少し気楽にいようよ」などと言われるのですが、性癖なので変えることは難しいのです。自分としても、"何て生きにくい思考なのだ"と思うことが無い訳ではありませんが、有難いこと(?)に"死"に対しての恐怖は無いので 迎えがくるまで 自由に傲慢に好き勝手に生きてやろうと思っております。

簡単ではありますが 私の性癖についてお話させて頂きました。詳しく話すと とても長くなってしまうので、興味のある方は直接聞いて頂けると有難いです。
他の性癖も興味があるという方がいらっしゃいましたら、コメントかTwitterに連絡をお願いいたします。Twitter→@_h0y_
 
では、また。

キュレーター紹介

感情を表現する事が苦手で世間一般の常識に疑問を抱き、1日の大半は外に出る事がない やく。 緊縛に興味をもったのはAVでのプレイを見てからとの事。 "情や欲はほぼありません"と言う彼女の緊縛写真からは『無機質な物に成りたい』とゆう思いが伝わってくる。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

この記事に対するコメントはまだありません