イベントレポート

ROPE SESSION イベントレポート (1/5)

緊縛初心者が緊縛へ足を踏み入れたきっかけ

皆さん、SMと聞いて何を連想するだろうか?
 
僕がそう聞かれて連想するのは、アダルトビデオやコメディでのろうそく、鞭、猿ぐつわのイメージだ。
とは言え、僕にそうした性的嗜好があるわけでも無いので、その手のアダルトビデオを借りることもまずなかった。
きっと、僕のような人がほとんどじゃないだろうか。
つまり、SMのイメージはちょっと下品でチープ、いわゆるコメディだ。もしくは理解不能な変態の領域かもしれない。
 
梅雨の到来とともに日本にも蒸し暑い夏がやってきた時期、上司から興味深いイベントを紹介された。
そのイベントが『Studio GLAMDY SHIBARI Presents ROPE SESSION』だった。
なお、別に上司にこの手の性的嗜好があったわけではなく、主催者が弊社のお客様だったということだ。
その主催者であるSMLuxuryは、緊縛師/縄師でもある喜多征一氏によって立ち上げられたSMに関する日本初のオンラインキュレーションメディアであり、日本におけるSMのイメージを変えていくことを一つのミッションとしている。
僕が持つちょっと下品でチープ、変態というイメージのSMもまた、SMLuxuryから言わせれば誤った印象なのかもしれない。
 
「よし、であればこの緊縛イベントに参加して、彼らが言うSMの世界を体感しようじゃないか!」「せっかくの機会だからレポートとしてまとめてやろう!」そう思ったのだ。

キュレーター紹介

緊縛ビギナーの男性です。喜多征一の様なS紳士になるべく日々、SMLuxuryの世界観を勉強中です。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

この記事に対するコメントはまだありません