瘋癲ノ喜多サン

情熱の欠片

欲望というもには、常に劇場的でドラマチックだ。
快楽の名のもとに理性をひっくり返すんだ。
性の執念は、まさに生への執念だ

若いころのセックスを表現するなら、
かつて満足させられていた奇怪な情熱とでも言おうか。
情熱ほど危ういものはない…
半世紀を生きた今、
制御することの出来る忘れられた残酷な本能をS紳士としてコントロールする。
情熱の欠片もなしに…


キュレーター紹介

独自に染め上げた色鮮やかな染め縄を使った緊縛が特徴。自身も緊縛師として全国で活動する傍ら、日本におけるBDSM(bondage, dominance and submission, sadomasochism)に関する文化や価値観を改めるための活動を精力的に行っている。当Webメディア「SMLuxury(エスエムラグジュアリー)」では、編集長としてBDSMに関する情報発信を行う。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

この記事に対するコメントはまだありません