イベントレポート

8/13・東京スタジオイベントレポート

皆さま、初めまして。
この度SMLuxuryのキュレーターとしてお声がけをいただきました、わこと申します。
東京スタジオのオープン時からレギュラーの受け手として、教室と道場に参加させて頂いております。
どうぞよろしくお願いします。

まずは第一弾として、STUDIO GLAMDY SHIBARI(東京スタジオ)8月13日(日)の記事を書かせていただきます。

当日はとても天気が良く、道場がオープンする頃には青空が広がり蝉の鳴く声が外に響いていました。
今回参加してくださったのはスタジオの生徒さん、女装子さん、カップルの方、そしてレギュラーの受け手女性です。

まずは先生の緊縛についてのお話からスタートしました。
喜多先生は真面目なお話の中にも、遊びを入れる方なので
生徒さんも真剣に話を聞いたり、時折笑いあったりして、とても楽しそうに緊縛話に花を咲かせていました。
生徒さん同士、初めてでも笑いあったり知識の共有が出来る暖かい雰囲気です。



さて、先生の一人目のLIVEは黒いランジェリーと黒髪、そして脚線美が魅力の女装子さんです。
前回の日曜道場にもご参加頂いた方で、かわいくてとてもムードメーカーな方です。
『女性』を時に厳しく、時に甘く責めていく先生の縄で、更に美しく変わっていく彼女の変化から、皆さん目が離せないようでした。



二人目のLIVEは私です。
今回は座りの状態から前手での縛り、そして脚縛りとかなりきつく縛られました。
縛られている最中は痛みが快楽に変わることの連続で、開脚で縛られた後に鞭が入ったのですが、痛い感覚と気持ちのいい状態が交互にやってきて、終わった後の開放感は言葉に言い表せないほどでした。



三人目のLIVEはカップルでご参加くださった方です。
涼しげな浴衣を着た上品なご婦人にかかる、優しい喜多縄。
縄は初めてとのことでしたが、後手縛りから始まり、脚縛りと先生の指による優しい責め。
品のあるご婦人に艶やかさが加わり、緊縛と女性の儚くも妖艶な美しさを感じました。



最後のLIVEは東京スタジオのレギュラーの受け手女性です。
緊縛経験の長い女性なので、先ほどとはうって変わって厳しい縄が入ります。
しかしながらその厳しさからの苦しそうな声が、いつのまにか安堵さえ感じるような
吐息まじりの声に変化していきます。
そして最後に、解放されたかのような表情を見せてくれました。



LIVEの合間には縛り手男性が受け手さんを縛る機会が何度かあり、お互いの縄を確認しては
真摯に取り組み、あるいは冗談を交えながら楽しく会話しておりました。

道場の締めは、喜多先生によるお話で終わります。
先生の縄に対しての考え方や思い、これからのことを、参加のみなさんは各々真剣に聞いておられました。

日曜道場は様々な人が集まり、談義をしたり生LIVEを見たり、緊縛をより身近に感じられます。
緊縛は興味あるけど・・と少しでも悩んでいる方は、ぜひ参加してほしいと思います。

それでは、今回のレポートはこれにて終了いたします!

 

キュレーター紹介

他の縄会に参加していたものの、梱包的な作業縄に疑問を持っていた所に喜多先生の縄と出会い、教室や道場に受け手として参加するようになった。 東京スタジオに出入りしていますので、道場や教室で感じたことを自分の言葉でお伝えできたらと思います。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

この記事に対するコメントはまだありません