イベントレポート

10/1日曜道場レポート

10/1喜多日曜道場

喜多日曜道場 (13時~20時 何時間いても参加費4000円)
縛り手 喜多征一 受け手 惠



この日の道場は、常連のカメラマンのお客様と、生徒さん、ご新規さんと、少人数ですが、練習やお話をメインに進んでいきました。

生徒さんは緊縛教室にて習ったことの練習をされますが、いつもいろんな生徒さんの緊縛の練習の相手をして思うことは、
とにかく縄に精神状況が表れるという事。
緊張感はもちろん触り方等で伝わってきますし、「あ、いまのミスで集中力が途切れたな」なんてことも分かります。
もちろん相手との関係性もありますが、その日によってもうまくいったりいかなかったり、、、
緊縛って面白いですよね。

縛り手さんの精神状況が出るといいましたが、受け手も、もちろんその日の精神状況で感じ方が変わります。

道場の後半に私の緊縛ライブがありましたが、この日は深く入り込んでしまい、本後手で正座をの姿勢を倒してからの記憶があまりありません。(レポートにならなくて申し訳ありません 笑)
宇宙を彷徨って、起き上がったころには前頭葉がずっとじわじわじわじわとしておりしばらく動けませんでした。
ここまで深く入り込めたのは、きっととても安心して身を任せられたからではないかと思います。



緊縛ライブは同じパートナーでもその日によって見れるものが変わります。
1度きりしか見られない瞬間を、是非目撃しに来てくださいね。
 

日曜道場スケジュール

現在東京スタジオと、名古屋スタジオの2店で、日曜日に開催しています。
イベントカレンダーを見る 

開催場所

名古屋 STUDIO GLAMDY SHIBARI
名古屋市東区筒井3-4-7
最寄駅:JR千種駅 地下鉄 車道駅

東京 STUDIO GLAMDY SHIBARI
東京都大田区田園調布(住宅地の為詳しい住所はご予約時にお伝えしております)
最寄駅 田園調布駅 多摩川駅

キュレーター紹介

幼少の頃に映画で見てしまった ” 女性が追い詰められ首を絞められるシーン ” で 自分の中の性が目覚めるのを知ったとゆう惠。 思春期になり本屋で偶然に発見したトレヴァーブラウンの画集に描かれた 痛々しい姿の少女達の絵に衝撃を受けるが、 その痛々しい姿の少女達と自分を置き換えて作品を 見ている自分に気づき自分の M 性を感じたとゆう。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

この記事に対するコメントはまだありません