シバリガールズ

研ぎ澄まされる時



心臓が裸になる様な
感覚が研ぎ澄まされる瞬間がある。

緊縛されるという状況は、
手足を縛られ無抵抗で何もすることが出来ないという事。
無防備となり、心をあけ渡すということ。

日常を取り巻く、仕事、人間関係、ストレスから離れ
まるで赤子の様に身をまかせる。

そして心が裸になる。

裸になった心と身動きのきかない体。
胎内がどんなところか覚えてはいないけれど、
まるで胎内の中にいるような感覚だ。

裸になった心は純粋に、快楽を一身に感じることができる。
何にも気にすることもなくひたすらに涙することも出来る。

感情が大きく振り幅を増し研ぎ澄まされるひと時。

キュレーター紹介

幼少の頃に映画で見てしまった ” 女性が追い詰められ首を絞められるシーン ” で 自分の中の性が目覚めるのを知ったとゆう惠。 思春期になり本屋で偶然に発見したトレヴァーブラウンの画集に描かれた 痛々しい姿の少女達の絵に衝撃を受けるが、 その痛々しい姿の少女達と自分を置き換えて作品を 見ている自分に気づき自分の M 性を感じたとゆう。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

この記事に対するコメントはまだありません