シバリガールズ

モノクロの世界

モノクロームのトーンはノスタルジックなエロスを感じさせる。
色が無いものとされ切り取られた瞬間の、その向こうにどんな色があったのか想像を掻き立てる。
どんな背景、どんな肌の色、どんな唇の色、何色の服、何色の下着、何色の縄?
想像している瞬間が、エロティック。
そんな想像力を刺激するモノクロの写真が好き。


女性が想像力で得る興奮は、男性の直接的なものよりもストーリー性があって奥が深いのではないでしょうか。だから女性にだって性欲があって当然なのですよ。

STUDIO GLAMDY SHIBARI
緊縛 喜多征一




キュレーター紹介

幼少の頃に映画で見てしまった ” 女性が追い詰められ首を絞められるシーン ” で 自分の中の性が目覚めるのを知ったとゆう惠。 思春期になり本屋で偶然に発見したトレヴァーブラウンの画集に描かれた 痛々しい姿の少女達の絵に衝撃を受けるが、 その痛々しい姿の少女達と自分を置き換えて作品を 見ている自分に気づき自分の M 性を感じたとゆう。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

この記事に対するコメントはまだありません