イベントレポート

名古屋スタジオXmasイベント

12/24(日)名古屋スタジオ日曜道場Xmasイベント
13時~20時 参加費5000円 参加人数総勢13名


12/23には東京スタジオ、24には名古屋スタジオと、今年はクリスマスイベントが2日続けて行われました。
東京スタジオと名古屋スタジオで、また集まるお客さんの目的もそれぞれ違うので、2日間全く違うイベントになったかと思います。
東京スタジオには、縛られたい女子が沢山集まったのですが、
名古屋スタジオに沢山集まったのは、なんと”縛られたいおじさま”たちでした。

まず初めに縛られたのは遠方より起こし頂いた男性。以前にもクリスマスの道場に遊びに来て縛られたことのある男性です。
この方は、縛られて放置されるのが好きなタイプで、全身を縛り上げ、下半身を少し持ち上げる形で軽い吊りの状態でしばらく瞑想状態になっていました。
無反応ではなく、手のひらや足の指は気持ちよさそうに開いたり、まるで深海の生き物のように静かに反応していました。
そのまま放置されるのが好きということで、そのまま他の生徒さんの練習の練習会が始まりました。
といっても、喜多は絶対にその男性から目を離すことはありません。
いくら放置が好きといっても、緊縛は危ないものです、いつ様子が変わるか分からないということを常に頭において、縛りを受けた相手から目を離さないのが安全に緊縛を行う上で大事です。

縛られたおじさまの横でコスプレで縛られるSHIBARI GIRLS惠とやく。
これまた異様な空間ですね。笑

このあと、もう一人みえていた縛り希望の男性を縛ります。
男性は他の方からの緊縛を受けたことがあるそうですが、緊縛後、「受けていた緊縛とぜんぜんちがう、凄く力強くしているのに痛くなく、気持ちが良い」とおっしゃっていました。

名古屋日曜道場ではお馴染みになってきた元男性(全工事済み)戸籍も変えられた女性。
今回も度肝を抜く緊縛ライブが行われました。(前回の様子)
ただでさえキツイといわれる鉄砲縛り、そのうえに髪の毛も縛り頸動脈を圧迫します。
今回も一本鞭がズシンズシンと凄い勢いで入りました。
毎回見るたびに、より強い苦しみ、痛みに耐え、この方はいったいどこまでいってしまうんだろうと思います。「自分はMだ」とか「変態」だとか言っている方には是非本物のライブを見てもらいたいです。価値観が変わりますよ。


縛られたいおじさまに、格闘技の様なものすごいライブが繰り広げられましたが、
可愛らしいサンタコスチュームのSHIBARI GIRLSやくのライブもありましたよ。


喜多のライブは効かせる為荒々しい場面も見られますが、やくに施す緊縛はいつもとても綺麗で丁寧です。相手をみてそれぞれ違う縄をかけていくので、この日行われたライブとはまた違う縛りです。
綺麗に結び目を作っていき、まるでやくの全身を縄で守るような緊縛でした。

荒々しく激しく縛っていき、鞭なども使うことで心を開放に導く緊縛もあれば、
綺麗に、丁寧に、優しく施していく緊縛で、心を開放に導こうとする緊縛もある。
まるで北風と太陽のようですね。

そして最後に私の緊縛ライブです。
「今年最後だから」と言われ、急に今から縛られることに対しての重みを感じました。

本後手縛りで上半身が決まったころから、周りの事は見えていませんでした。
緊縛を受ける時には、バイオリズムの様な波があり、痛みや気持ちよさに反応しているときと、同じことをされてもまったく無反応で、深海にいるような時とがあるようです。
いつどこでその波がぐっと高まり、下がるのか、これは同じ人間でも同じ体の場所でもまったく違います。
緊縛は人の心、情緒が深く関係することで織り成される一瞬のアートですね。


これで2017年のSTUDIO GLAMDY SHIBARIのイベントは終了しました。
名古屋スタジオは30日まで教室が稼働しておりますので、是非縄おさめに来てくださいね。
2018年にはまた新たなイベントも企画しておりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

●2018年縄初め●
名古屋スタジオ 2018年1月3日
東京スタジオ 2018年1月7日 
 

日曜道場スケジュール

現在東京スタジオと、名古屋スタジオの2店で、日曜日に開催しています。
イベントカレンダーを見る 

開催場所

名古屋 STUDIO GLAMDY SHIBARI
名古屋市東区筒井3-4-7
最寄駅:JR千種駅 地下鉄 車道駅

東京 STUDIO GLAMDY SHIBARI
東京都大田区田園調布(住宅地の為詳しい住所はご予約時にお伝えしております)
最寄駅 田園調布駅 多摩川駅
 

キュレーター紹介

幼少の頃に映画で見てしまった ” 女性が追い詰められ首を絞められるシーン ” で 自分の中の性が目覚めるのを知ったとゆう惠。 思春期になり本屋で偶然に発見したトレヴァーブラウンの画集に描かれた 痛々しい姿の少女達の絵に衝撃を受けるが、 その痛々しい姿の少女達と自分を置き換えて作品を 見ている自分に気づき自分の M 性を感じたとゆう。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

ノッシ〜❗️ 2017.12.28 00:20

12/24クリスマスイブ緊縛道場に参加させて頂き有難う御座いました。

約一年ぶり5回目の参加になります。

後手本縛り…
気持ちいいですね〜(^^)

見えない後ろ手縛りを想像して
両二の腕から胸へと縛っている
麻縄を見るのが大好きです(*^^*)
もっとキツくても良い〜と、
緊縛欲が出て来ますね(๑>◡<๑)

そして、縛りガールズのやくさんのサンタコス縛り。
現場では気付かなかったのですが
サンタは、プレゼントを持って
来ます。でも、そのサンタ自身を
プレゼントにした様な縛り方。
緑色のリボンで結ばれたサンタの
プレゼントです。
後手本縛りが大好きなのですが、
前手で縛られたサンタコスのやくさん。とても可愛い緊縛ですね。
これからは、色んな縛り方にも
目を向けて行きそうです。

自分は後手本縛り、両脚も揃えて縛られ猿轡などされ…オッと余計な自分の好みまで書いちゃいました(^^;)

喜多先生、恵さん、縛りガールズの皆さん、良いお年をお迎え下さい。