SHIBARI EROS

逝かせ縄撮影会vol.1レポート (3/3)

2部 14:00~ 喜多縄【グラデーション】

縄の跡はもちろん、感覚が強く残る中、前手縛りから2部が始まります。
もうこの瞬間から、気持ちはフワフワと漂っております。


何かを願うような形で上半身を縛り、脚縛りをし足裏を合わせ広げられます。
股縄をかけ、吊られるまで、本当に一瞬の出来事です。
その時に、自身の中心に強い衝撃が走ります。
股縄で攻められ、痛いような気持ちが良いような、もうどうなっているか分かりません。


先生が部屋を出て、皆様がお写真を撮られた後・・・
バラ鞭の登場です。
まだ数回しか受けていない鞭ですが、視界に入っただけでゾクッとします。
お尻に向けて規則的に打たれる鞭。
優しく触れるか触れないかの距離で這う鞭。
髪を踏まれ体に打たれる鞭。
ヒリヒリする鞭の跡の上を 優しくさすられ、強く叩かれ・・・
今にも感覚が蘇ってきそうです。


長い時間その縄がかけられていた事もあり、解く際もじっくり時間をかけていきます。
ゆっくりと、時に強く、時に優しく・・・
ただ解くだけではなく、全身への愛撫を経て解放されます。


やっとのことで息がつける感覚と、縄が離れていく切なさ、もっと と思う欲・・・
綯交ぜになった心を残して、2部の終了です。

こうして、逝かせ縄撮影会vol.1は幕を閉じました。
ナロ様、写真のご提供をありがとうございました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
先生の逝かせ縄で自身を保つのが精一杯の中、皆様に見られているという高まりも加わり、
とても特別な時間を過ごさせて頂きました。
力尽きてしまい、皆様へ直接のご挨拶、
お見送りができなかったことが心残りではございますが、
本当にありがとうございました。
皆様の、逝かせ縄の世界に触れ、写真を収めていく瞬間に携わることができ、
心より嬉しく思います。
もし、再び撮影会に呼ばれることがあれば、
皆様にお会いできる日を楽しみにいたしております。

縄が触れ、その縄に圧がかかる。
ただそれだけ、
本当に、ただそれだけが、本当に奥深く、複雑に、
私達女性を快楽へと導いてくれます。
縄を受けることを躊躇されている方、
縄を習うことを躊躇されている方。
喜多道場での縄は、間違いありません。
安全に、気持ちよく、エロく、そして綺麗に…
縛られ、縛っていく方が増える事を願います。
長くお付き合いいただきありがとうございました。
またいつの日か…

SHIBARI EROS 愛
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

キュレーター紹介

SHIBARI EROS 38 緊縛を含めた 色気の渦巻く世界に興味があり喜多道場へ 自身の心の安定と、 喜多先生の綺麗な縄で、皆様のセクシーの対象になれるように... 撮影会や教室でお会いできる日を楽しみにしております。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

Kumi 2018.04.02 13:09

愛様、素敵です。