その他

女性ホルモン活性マッサージ体験レポート (3/4)

その後、マッサージは臀部、脚、足首、足底、その後、仰向けになって、鎖骨、デコルテ、乳腺堤、脇腹、鼠蹊部、内腿などへと続くのですが、その間、緩やかな脳イキの波が定期的にやってくる感じが続いていました。

臀部、デコルテ、乳腺堤、鼠蹊部に関しては、普通のマッサージでは避けられがちな際どい部分もマッサージをしてもらえます(※局部や乳輪、乳首には触れません)
私も普段は、定期的に何度も通っているマッサージ屋さんで指名している女性の施術師の方にやってもってるのですが、この部分って意外と沢山の老廃物が蓄積していてリンパの流れが悪くなっていたりガチガチに固まっていたりするので、ほぐしてもらうと身体がスッキリするんですよね。

施術は、あっという間の1時間。
受け終わって服を着たら、身体がスッキリして軽くなった感覚がありました。
その後、宿に戻って、お風呂に入ったら、マッサージで血行が良くなっていたのか、湯船に浸かって2分くらいでのぼせそうなくらい身体が温まったし、ベッドに入って10分くらいで眠りにつきました。
 

キュレーター紹介

昼は処女、夜は淑女で、真夜中は娼婦。 どこにでもいる受付事務員ですが、名古屋にいるときはSHIBARI GIRLSになったりならなかったり。本人に自覚はありませんが、口が上手いと言われがちです(色んな意味で)

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

この記事に対するコメントはまだありません