シバリガールズ

シンプルな気持ち。

スタジオでは毎日色んな人と出逢い、色んな人の話を聞く。

家庭の話、不倫の話、モテないおじさんの話、メンヘラな女性の話。
一方的な気持ちや欲望が見え隠れしては崩れていく。

男女が一緒になる意味ってなんだっけ?とわからなくなる時があるけど、
本当の「好き」って、所有欲や自己愛を抜いた所の、何も求めない、もっとシンプルなものだって気づいた。

ひとつひとつ自問自答してみると出てくる答えがある。
あなたが「好き」と伝える人の事、本当に一緒になりたいのか、そうでないのか。

シンプルに、正直に生きたい。

緊縛 喜多征一
撮影 名古屋スタジオ
モデル 惠










キュレーター紹介

幼少の頃に映画で見てしまった ” 女性が追い詰められ首を絞められるシーン ” で 自分の中の性が目覚めるのを知ったとゆう惠。 思春期になり本屋で偶然に発見したトレヴァーブラウンの画集に描かれた 痛々しい姿の少女達の絵に衝撃を受けるが、 その痛々しい姿の少女達と自分を置き換えて作品を 見ている自分に気づき自分の M 性を感じたとゆう。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

この記事に対するコメントはまだありません