瘋癲ノ喜多サン

緊縛は精神の浄化


30代の主婦の方からこのようなメールが届きました。

10代の頃から自身のm性を自覚していましたが、普段の社会的立場などを思うとその欲求を叶えることは不可能とずっと言い聞かせて過ごしてきました。
しかし、一度きりの人生を大切にしたい全てを経験したいと思い直しもしご都合が宜しければお願いしたいと、今日はそのことで頭がいっぱいになってしまいました。



そして後日セラピーをしまして、このような感想をいただきました。

全てを理解した上で、本物の痛みを与えてくださる方だとわかり苦しいとわかっていてももっともっと欲してしまいます。
乳首を潰していただいたり、首を絞めていただくことはご褒美と感じるくらい、必死に耐えて苦しんで、生きていることを実感できる幸せな時間です。
そこを当然のように責めてくださり、今までを遥かに超える痛みでしかも耐えても耐えても許していただけず、嬉しかったです。
ああ皆さんこれが好きなんだなと客観視してしまいました。世の中には私のような女が沢山いるのですね。



なんと素敵な文章で素晴らしい感性の持ち主の方なのでしょうか、このような方が自分を押し殺し息苦しく生活されいるのです。
私の縄で、この手でこのような方を解放させていただけることを本当に喜ばしく思い、私自身生きて来てよかった、誰かの人生の助けになれてとても幸せだと思うのです。これは男女問わず、年齢もハンディキャップも関係なくどんな人にも思うのです。先日は70歳ぐらいの男性がおいでなられました、全裸で縛り逝かせ縄を打ちますと男性の陰茎ははち切れんばかりに勃起を繰り返し愛液を亀頭からだらだらと漏らし悶絶されその後安らかに子供のように微睡んでいかれました。半身麻痺の男性、20代の超イケメンのエリートサラリーマン、女子大生、OL、主婦、会社社長、医師、職業も年齢も関係なくみなさん心の解放を求めていろんなかたが毎日のようにおいでになられます。心療内科でも宗教でも治せない心の闇を私の縄で縛り出されて解放されるために



緊縛はポルノではありません。エロスなのです、肉体と精神と性の解放です。
縛りを受ける方が真剣で真摯であれば必ず解放されます。受ける方が興味本位であったり流行りだからといった感じの方はそれまででしかありません。しかしそれはそれでいいのです。落ち着いた気持ちになって美しく縛られた自分の写真を見てうっとりして下さい、それはそれで緊縛なのです。
ただで素人に縛られればそれだけの縛りであなたの価値もそれだけになるでしょう。(恋人やパートナーは別です)
緊縛は精神の浄化です。しっかりとしたプロにお金を払って縛られるに限りますね。あなたは価値のある人間なのですから

喜多征一

 

キュレーター紹介

独自に染め上げた色鮮やかな染め縄を使った緊縛が特徴。自身も緊縛師として全国で活動する傍ら、日本におけるBDSM(bondage, dominance and submission, sadomasochism)に関する文化や価値観を改めるための活動を精力的に行っている。当Webメディア「SMLuxury(エスエムラグジュアリー)」では、編集長としてBDSMに関する情報発信を行う。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

この記事に対するコメントはまだありません