イベントレポート

涙の理由 (1/2)

5/6に開催された逝かせ縄撮影会のお写真を少しだけご紹介させて頂きます。

かっこいい事も綺麗な事も何も言えないくらい泣き尽くしました。どんな心情かも分からないままただ「泣きたい」から泣いた。キツく縛られる程身体は喜ぶ。







股縄はいつも恥骨が数日痛くなるのにやめられないのです。













私は縄で感じて、痛みで悦び達するのです。

そして何度も達することが恥ずかしくてでも気持ち良くて、分からなくて...少し混乱してしまうのです。
 

キュレーター紹介

ake

イメージコンサルタント、ベリーダンサー、モデル、変態の四足のわらじを器用に履きこなします。どうして私が『見た目』にこだわり『美の追求』をし、『素敵に歳を重ねる』事に趣を置くのか。そしてSMとの出会い、緊縛が私に与えてくれたもの。 考え事と妄想の交差点。読書をして恋をし、電車に乗っても恋をする。恋多き女とは私の事ね。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

Kumi 2018.08.22 15:52

キツク縛られる程身体が喜び恥骨が痛いが大好きな股縄、言葉に出してそれを求められるのですか?それとも身体が欲する気持ちが伝わるのでしょうか?