瘋癲ノ喜多サン

いい女道(中)

とうとう梅雨に入って、心も体も乱れていませんか、アレルギー系とかの持病がある人には辛い季節ですね。私も軽度ではありますが色々なアレルギーを持っています。バカのように酒をあおって週の半分以上は二日酔いで具合が悪く機嫌が悪い自分勝手な不摂生で生きていた頃はこの六月に一気に体調を崩して変なウイルスに感染したり謎の発熱を繰り返していました懲りもせずに、そんな私でしたが今では、酒も断ち不摂生もやめ規則正しい生活をしているおかげで心身ともに良好で肌ツヤもよく快適な毎日を過ごしています。



いい女道(中)はお肌です。
肌は健康のバロメーターです。私は毎日のようにいろんな女性の肌をさわり、色艶を観察します。若くても肌が荒れて血色が悪い方もいますし、年配の方でもとても食生活を気にされて手入れもしっかりされている方の肌はとてもさわり心地がよく、いい女度が上がりますね。もちろん先天的な体質で肌のきれいな方そうでない方もいますが、食生活での節制と肌の手入れに事欠かない方は一様にして清潔感が漂いエレガントさを感じますね。知的で洗練された都会の女といった具合でしょうか、男は誰もがそんな女性に憧れます。本来オスの本能として自分のDNAを受け継いだ健康な子孫を残さなければならないというプログラムが植えつけられています。そのために無意識にも健康的な女性を求めるのです。そのバロメーターが肌。肌がきれいな愛嬌のあるおもしろ顔の女性の方が肌の状態のあまり良くない暗い表情の美人より絶対的にモテますし、今すぐにでもベットインをして体をスリスリしたいと思いますよね。
若いから気にかけなくてもいいんだなんて思っている人も多いかと思いますが若いうちから食生活や睡眠、スキンケアに気を使うべきです。その生活習慣がエレガントさを身につけさせ、大人のいい女として成長して行けるのですからです。 若い時に綺麗なのは当たり前です、40、50代でもみずみずしい肌をキープ出来るよう早いうちからこころがけておけばお金もそんなにかかりませんからね。



そして服装ですね、前回は靴についてお話しましたのでその付随になりますでしょうか、当たり前ではありますがハイヒールにスポーツウエアは似合いませし、カジュアルなボトムスもNGですよね。たとえ部屋着であってもお気に入りのリラックスウエアを着用して、たとえその服装でコンビニに行ったとしても恥ずかしくない格好でいて欲しいですね。いつなんどきにでも人に見られて恥ずかしくないように緊張感を持ちましょう。そうアンリラックスウエアになってしまいますが、いい女なるのは容易いことではないのです修行です。でもそれらも習慣になって日常になればなんて事のないものになるでしょう。それらをなんて事のないものに感じられるのがいい女なのです。
服装はTPOを絶対に間違えてはいけません。アウトドアや軽い運動をしそうな時はそれ相応のカジュアルな装いで、素敵なレストランで粋な食事をするときはバシッと上から下まできめて、決して下品になり過ぎないようにひと昔まえのブランド物で揃えるよりも、流行感のないトラディショナルで品のあるものでシンプルにきめるか、そんなに高級なものでなくても今シーズンのトレンドを軽く取り入れた洗練されて清潔感のある装いがいいですね、もちろん相手とのバランスも考えておしゃれしましょう。



若いから不摂生、暴飲暴食しても大丈夫なんて思わないで下さい、そんなことをしていると睡眠障害にもなりますし精神状態も危うくなってきて対人関係が上手くいかなくなったりもしますし、もちろん仕事や学業にも支障をきたしてきます。健康を害せば顔色、肌、体臭、口臭も最悪になってもういい女どころではなくなって人としてどうなのというレベルになってしまいます。
クラブでお酒を飲みながら朝まで踊るのも楽しいです。バーで深夜泥酔してロクでもない男にエロ目的でチヤホヤされるのもそれはそれで楽しいです。クラブに行ってもバーで飲んでも23時までには帰りましょう。遅くなればなるほどいい女はうろついていませんし、男は酔いにまかせて心もなく体を求めてきますそんな中にいい男はいませんよ。これは私の実体験からの結論です。そうです私も深夜に酒と女を求めて徘徊するクソ男でした。そして顔色と肌の状態の良くない下品な女性をたくさん抱いてきました。為になったことはなにもなく、ただただ時間とお金と欲望の浪費でしたね。

健全な生活習慣がいい女への近道です。

では次回はいい女道の総まとめをお話ししますので楽しみにしていて下さい。


喜多征一

キュレーター紹介

独自に染め上げた色鮮やかな染め縄を使った緊縛が特徴。自身も緊縛師として全国で活動する傍ら、日本におけるBDSM(bondage, dominance and submission, sadomasochism)に関する文化や価値観を改めるための活動を精力的に行っている。当Webメディア「SMLuxury(エスエムラグジュアリー)」では、編集長としてBDSMに関する情報発信を行う。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

この記事に対するコメントはまだありません