瘋癲ノ喜多サン

女のなかに潜むマゾヒズム

先天性マゾヒズムと本来女性が兼ね備えたマゾヒズムを分けてマゾヒズムについて語らなければならない。先天性マゾヒズムは生まれ持った被虐性快楽嗜好で世間では変態と呼ばれる代物だ。
それとはまるで違う女性にあらかじめ刻み込まれたM性というものがある。生まれて初めての性交、そう処女喪失の時は、個人差はあるものも激痛が走る。しかし、慣れることによって快楽へと転化されてゆきもうその快楽なしでは人生から色彩が失せてしまうかのようにも思えるようになる。これはまさにマゾヒズムに置ける快楽の昇華なのだ。痛みを耐えることによって大きな快楽を生み出す。
そして、そこに男(サディスト、マスター)との間に恋愛感情を越えた主従関係のような絆が生まれると、「あなたの為ならここまで耐えられます」という愛の証しを差し出しこれが快楽とエロスにひも付きこの関係性のない人生などなんの意味もないと思うのが後天性のマゾヒズムなのである。全ての女性が持ち合わせているM性なのである。



 

キュレーター紹介

独自に染め上げた色鮮やかな染め縄を使った緊縛が特徴。自身も緊縛師として全国で活動する傍ら、日本におけるBDSM(bondage, dominance and submission, sadomasochism)に関する文化や価値観を改めるための活動を精力的に行っている。当Webメディア「SMLuxury(エスエムラグジュアリー)」では、編集長としてBDSMに関する情報発信を行う。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

この記事に対するコメントはまだありません