瘋癲ノ喜多サン

快楽人生

快楽は人間に積極的に生存するように動機づけするものなんだ。
痛みばかりの人生では生きる気力も尽き果ててしまうからね。
快楽人生でいきいきと生きるのが、本来の人間の生存のしかたなんだよ。
なぜか人は、快楽をえることに罪悪感を覚えるように仕向けられている。
それは時の権力者たちが、快楽に耽って怠惰な生活に溺れ社会が乱れることを恐れたからだろう
宗教などでも信仰心をあおるため禁欲を教えの中に織り込んだ。
権力に屈しないためにも快楽人生を謳歌すべき、
なにより、人が生きる目的は快楽をえるということなんだ。

キュレーター紹介

独自に染め上げた色鮮やかな染め縄を使った緊縛が特徴。自身も緊縛師として全国で活動する傍ら、日本におけるBDSM(bondage, dominance and submission, sadomasochism)に関する文化や価値観を改めるための活動を精力的に行っている。当Webメディア「SMLuxury(エスエムラグジュアリー)」では、編集長としてBDSMに関する情報発信を行う。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

この記事に対するコメントはまだありません