その他

エロスのお作法〜心のどこかで〜

今回は男女共に罪悪感、背徳感を持ちながら生きている方へ。
不倫や複数交際、言えない関係…。
この先どうなるんだろうと漠然とした不安に襲われる。それを私が選択したのだからと必死に気持ちを落ち着かさせる。彼に会えば幸せに満ちて全て忘れられる。
心のどこかで誰も傷つけずに関係を続けたいと思ってしまう。
いつも二番目だった私は「出会った順番が違ったら」と言われたことがあった。その言葉を呪い悔やんで人を好きになる度に涙を流した。結婚したい訳じゃないのよ、ただ一緒にいたかった。相手の奥様に責められる事もあったし若い頃は友達にも言えなかった。
一人になると自問自答を繰り返し、時に相手に当たってしまう。でももう好きになっちゃったら離れるなんて考えられない。ごちゃ混ぜの気持ちの中「ただあなたが好き」それだけだった。不倫のドラマや本は大体バッドエンド。不貞行為を認めるわけにはいかないので別れたり誰かが亡くなったり…。とにかく悲運の連続。
でもね、実際の現場(本人たち)は器用に楽しんでるよう。家事子育て旦那の世話に仕事も持ってバリバリ働く。そしてしっかり恋も充実。Twitterで呟けば男が釣れ、アプリで手軽に出会える。誰でもお姫様になれちゃう時代。みんなもしてるから…に流されて罪悪感は薄れるでしょう。慣れと言いますか。
このままバレずに自分の思うまま楽しい時間が続けば良いのに。なんて甘い考えを快楽だけでそうさせる。世の中そんなに甘くないのにね。好きだから溺れてるのよ、あなたと快楽に…。
どうしようもない。

キュレーター紹介

ake

イメージコンサルタント、ベリーダンサー、モデル、変態の四足のわらじを器用に履きこなします。どうして私が『見た目』にこだわり『美の追求』をし、『素敵に歳を重ねる』事に趣を置くのか。そしてSMとの出会い、緊縛が私に与えてくれたもの。 考え事と妄想の交差点。読書をして恋をし、電車に乗っても恋をする。恋多き女とは私の事ね。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

生きるは儚い 2019.03.09 07:38

日本の女性はもっと解放されて良いと思うんです。しがらみや自己の欲求や正直さ、自然な性欲然り。20年以上前、外国の女性と付き合ってましたが常にシャイだった僕をからかう陽気な女性で電車でキスを迫られて困ったり😅💦しました。
人間誰もが生まれた以上死に向かって生きている事実からは逃れられないのでもっと開放されて良いと思います。良い休日をお過ごしてください。