瘋癲ノ喜多サン

恋の奴隷

明治の初頭にはまだ性欲という言葉がなくそれに相当する言葉として、
色情、淫情、淫慾、情慾、春情などが使われていた
情けという文字がよく使われいたり
欲にも下に心があったり
やはり男と女の間には情緒がなければ成立しなかったのだろう
色であったり春であったり、なんとも艶めかしくも心踊る文字が使われていたんだ
日本という国の色恋は
春画に描かれるように、おおらかでふぉんわりとして、
どことなくコミカルな感じがするものかとおもいきや
その反面、艶やかでありながら、情念たっぷりに
暗く陰鬱で淫靡な香りを漂わせるものもある
欧米のポルノグラフィに踊らされず
春画や緊縛の世界観のような情緖たっぷりの色恋をかなでて行くのが日本人的なんだ





 

キュレーター紹介

独自に染め上げた色鮮やかな染め縄を使った緊縛が特徴。自身も緊縛師として全国で活動する傍ら、日本におけるBDSM(bondage, dominance and submission, sadomasochism)に関する文化や価値観を改めるための活動を精力的に行っている。当Webメディア「SMLuxury(エスエムラグジュアリー)」では、編集長としてBDSMに関する情報発信を行う。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

この記事に対するコメントはまだありません