喜多縛りコレクション

喜多縛りコレクション 88

NAGOYA SHIBARI GIRLS RINKA

手足が長く体の柔らかい受け手に出会うと縄師は上手くなる
というよりも上手く見える
この凛華がまさにそうだ
ここに上げられている画像は、体が固くては到底出来ないポーズで
手足が長くなくては迫力に欠ける
ただし、緊縛というものはテクニックだけではだめで
そこに、縛られる側に艶かしい妖艶さや儚い侘しさを湧き出させなくてはならない
そういった点ではこの緊縛写真は駄作だ
巧みな技術で彩られた美しい作品ではあるけれどね















キュレーター紹介

独自に染め上げた色鮮やかな染め縄を使った緊縛が特徴。自身も緊縛師として全国で活動する傍ら、日本におけるBDSM(bondage, dominance and submission, sadomasochism)に関する文化や価値観を改めるための活動を精力的に行っている。当Webメディア「SMLuxury(エスエムラグジュアリー)」では、編集長としてBDSMに関する情報発信を行う。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

この記事に対するコメントはまだありません