瘋癲ノ喜多サン

死のサマ

歳のせいか
このところ
ちょくちょく
死にざまを思い浮かべる
このまま
ベッドで静かに冷たくなる、のたうち回って硬くなる
手の施しようのないガンが蔓延りモルヒネ中毒になる
暴漢に襲われこれでもかと言わんばかりに殴り殺される
ホームから突き落とされ列車の車輪に肉骨臓物が粉砕される 
もしくは ポイ捨てした女に蜂の巣ばりに刺されまくる
楽しく談笑をしてるところ
こめかみを打ち抜かれ目玉が飛び出る

どんな死に方でもいい
生と死の狭間で
なにを感じ
なにを思うか
涙するのか
命乞いをするのか
意識が飛ぶ瞬間
まだ生きたいと
勃起するのか

キュレーター紹介

独自に染め上げた色鮮やかな染め縄を使った緊縛が特徴。自身も緊縛師として全国で活動する傍ら、日本におけるBDSM(bondage, dominance and submission, sadomasochism)に関する文化や価値観を改めるための活動を精力的に行っている。当Webメディア「SMLuxury(エスエムラグジュアリー)」では、編集長としてBDSMに関する情報発信を行う。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

この記事に対するコメントはまだありません