その他

エロスのお作法〜恋愛至上主義〜

今回の研究テーマは恋愛体質!と言うか恋愛至上主義!恋愛を人間における最高の価値と考える思考。。。

私はどちらかと言うと恋愛至上主義者かもしれません。恋してないと雌力が低下し勿論戦闘能力も落ちるのでモテなくなります。(経験上)
恋してないと何も出来ない!ではなく、恋してる方が日々潤いのある生活になるという事です。間違えて欲しくないのは、彼に依存して彼氏がいなきゃ何も出来なーーいなんて言うのは恋愛至上主義者ではなくただの依存体質のメンヘラ。一緒にしないでね。

いつでもセンシュアルにそしてセクシーに。
sensual=センシュアル。sense=センスは感覚、意味、良識や「官能的」などと訳され
外見よりは内面を指し感性と知性を磨き人を魅了するという意味があると捉えてます。
sexual、sexyと言うのはどちらかと言うと外面の方を重視した性的な意味合いが強いのかな?

恋が始まり相手を知り時に別れまた出逢う。繰り返される恋のサイクルは二度と同じドラマは無いし出逢う人も違えば恋愛の形も違う。自分も成長しライフスタイルや思考も変わっていくでしょ?自分一人じゃ分からなかった事や彼とだから出来た経験など善し悪しあるけど全て
が成長に繋がるものです。くだらない事で喧嘩してどうしてあんな言い方したのかな?なんでもっと優しく出来なかったのだろう。激しく愛し合った日々、次第に気持ちが薄れていった事もある。浮気した、された、兎に角「誰かを想いながら生活した」事実が経験で全てがあなたを強くしてくれるものです。恋愛は長ければ良いってものじゃ無いの。だらだら過ごした時間の方がもったいなわ。どれだけ濃密に愛を育んだか。カッコつけるとこんな言葉になる。

どれだけ男と女でいられたのか、高め合えたのか。お互い気を抜かない生活をする事で(ある意味監視ですね) お互いのセクシーは保たれるでしょ。どれだけ一緒に過ごしてもいつまでも男と女いたいの。私の恋するルール。メリハリのある生活になるし仕事も頑張れちゃうの。
オシャレや身だしなみも気を抜かない。少しでもだらしない所を見られたら、彼は呆れて抱いてくれなくなっちゃうわ。その分私も彼をチェックするの。最高にセクシーで知的で感性豊かな2人でいたいもん。だらしない彼は見たくないから私の居ない所でだらだらしてね。

そして私に会う時は私の最高な男でいてね。

そんなこんなで現在進行系の恋もあれば明日突然生まれる恋が有るかもしれない。純愛語って最後にこれかよと突っ込まれると思うが一日限りの恋だってあってもいいと思う。だって恋は人それぞれ、オリジナルだから。


笑顔の絶えない恋なんてない、泣いて怒って当たり前。語り合って確かめ合ってそして笑顔で見つめあう。それだけで充分頑張れる。恋の魔法で見違える私達は立派な恋愛至上主義者。

キュレーター紹介

ake

イメージコンサルタント、ベリーダンサー、モデル、変態の四足のわらじを器用に履きこなします。どうして私が『見た目』にこだわり『美の追求』をし、『素敵に歳を重ねる』事に趣を置くのか。そしてSMとの出会い、緊縛が私に与えてくれたもの。 考え事と妄想の交差点。読書をして恋をし、電車に乗っても恋をする。恋多き女とは私の事ね。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

この記事に対するコメントはまだありません