その他

喜多道場Open campus!

akeのブログ的な道場案内


皆さん初めまして!喜多道場五反田で受け手をしておりますakeです。
主な役割は初めての方に縛りの起点(基点)となると本結びをお教えしたり、生徒さんの練習の受け手をしてます。

喜多道場は通われる大半の方が「初めて」の方です。他門で習われている方の多くは一度や二度来てすぐに来なくなります。どうしてでしょう。未だに謎です。
実は受け手の傍ら「夢見る 夢子」となり真面目に縛道に精進しております。その私も喜多道場で初めて縄を握った一人なので他の教室の事は知らないのです。

 

9/28金 今日も楽しい喜多道場。

この日は少人数緊縛教室の小脇で個人レッスン(2時間受け手を独占できると言う意味)も行いました。
少人数緊縛教室は初めての方だったのであけが担当させて頂きました。いつもの様に私も縄を持ち一緒に本結びを練習しました。シタカライレテ 50センチミギメニマイテ ミギテデ4ホン
シッカリクリップ……呪文の様に覚えるまで繰り返すのです。そうすると生徒さんの癖や間違いやすい箇所が見えてくるので修正していきます。お一人で出来るようになったら先生にみて頂きます。これが意外に難しく先生が見ているというだけでプレッシャーを感じさっきまでできていた事が急に出来なかったり、先生の威圧感に負けトンチンカンな事をしだす人…それぞれ個性が出てきます。勿論、心を鎮め今日一綺麗な本結びを作る方もいます。

もう片方では賑やかな声が…ベテランの縛り手ノブさんと詩織ちゃんがあーでもないこーでもないバトルを繰り広げてましたw喜多道場の名物と言うか一つの大きな特徴でもある「受け手ファースト」受け手の声が一番大切なのです。その縄を感じているのは受け手だけなのですから、見た目には分からない微妙な感覚や左右差があったり違和感を伝える様にしています。勿論、初めからそんな事は出来ないので、受け手の皆さんも経験を積んで成長しています。

ベテラン縛り手のノブさんが本後手をしだすと憧れの熱い眼差しで見つめる初心者さん。
本後手を綺麗に縛れる様になるのが目標と語っておられ、なんだか懐かしい気持ちになりました。私も本後手の美しさに魅了された一人なので気持ちがよく分かります。でもね、今はその先にもっともっと楽しいエロスの世界が広がっていると知ってしまったので、本後手が出来るようになったからと言って習うのをやめようとは思いません。やっとスタート地点に立てたという思いの方が強いですね。

どんな事でも興味を持ったり、憧れる事っていくつになっても変わらず目がキラキラ輝きますね。喜多道場にはその様な方ばかりが習いに来てます。年齢なんて関係ないし性別も国も、全て取っ払って緊縛好き、喜多ファンのたまり場になってます。
 

10/1火 縛って勉強、見て勉強!!

この日の少人数緊縛教室は珍しく同じ縛りを練習中のお二方でした。



まずは本後手から、その日初めての縛りはいい緊張感が伝わってきます。ポポさん(仮名)はとても真面目で縄も誠実そのもの、キャラクターも憎めず先生に可愛がられてます。
奥でgreyさんも真剣な表情でポポさんの縛りを観察しています。




お次はgreyさんの本後手。こちらは縄目が綺麗で抜群の安定感のある縛り手さんです。
テンションが揃っているのである程度強く縛っても心地が良い、受け手の女の子ウケ抜群の縄なのです。

さあ、ポポさん直伸脚縛りから上半身も拘束していきます。
私はこの時間から眠くなり(先生には内緒です)たまーーに寝ちゃいます(いつも寝てないふりをしてます)
真剣なポポさん、へんなハンカチで顔を隠すあけ…。

greyさんも同じ縛りをしていきます。汗をかきながら一生懸命縛ってます。
客観的に冷静になって人の縛りを見ていると新たな発見や気づきがありとても勉強になります。休憩時間ではありませんよ。
この様に喜多道場の少人数緊縛教室は受け手一人に対し生徒さんが二名、2時間のレッスンです。縛りにもよりますが一人大体三縛くらいできます。
それでは少ない、もっと練習したいという方は個人レッスンがおススメです。2時間10000円(受け手付き)〜お好きなだけ縛って下さい(^^)

この様に基本的には喜多の緊縛を丁寧にお教えするスタイルですが、女王様やM性感のお姉様、彼女をすぐに縛りたい等要望があればすぐ活用出来る緊縛をお教えする事も出来ます。こちらは個人レッスンでの対応になります。


お問い合わせはこちらまでお願い致します★↓

glamdy.shibari@gmail.com


それでは皆さん!道場でお待ちしてます(o^^o)



 

キュレーター紹介

ake

イメージコンサルタント、ベリーダンサー、モデル、変態の四足のわらじを器用に履きこなします。どうして私が『見た目』にこだわり『美の追求』をし、『素敵に歳を重ねる』事に趣を置くのか。そしてSMとの出会い、緊縛が私に与えてくれたもの。 考え事と妄想の交差点。読書をして恋をし、電車に乗っても恋をする。恋多き女とは私の事ね。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

この記事に対するコメントはまだありません