その他

鏡花水月〜奥の光〜

鏡花水月…鏡に映る花や水に映る月の様に目には見えるが手に取ることのできないもの。また、言葉で言い表せない奥深い趣。 (言の葉連想辞典より)

恋や性愛に重ね合わせた私は美しい日本語だと感じました。


哀しい眼差しを感じた事はありますか?憐みとは違う決して蔑んでおらずまつ毛を下に向け力の抜けた眼差し。
一瞬見せたその眼差し、表情に欲情してしまったのよ。
あなたのせいよ。


 

キュレーター紹介

ake

イメージコンサルタント、ベリーダンサー、モデル、変態の四足のわらじを器用に履きこなします。どうして私が『見た目』にこだわり『美の追求』をし、『素敵に歳を重ねる』事に趣を置くのか。そしてSMとの出会い、緊縛が私に与えてくれたもの。 考え事と妄想の交差点。読書をして恋をし、電車に乗っても恋をする。恋多き女とは私の事ね。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

この記事に対するコメントはまだありません