その他

2020年


こはるです。

2020年ももうすぐ終わる。


5年前に離婚した時が
一度目の人生の転機だとしたら、
今年は二度目の人生の転機のような一年。


数年一緒に過ごしていた人と離れて
住む場所も仕事も変わった。

カウンセリングに毎週通うようになり
とにかく自分自身と向き合った。
自分を大事にすること、認めてあげることが
少しだけ出来るようになった。


そしていちばんの大きな変化は
今、ここにいること。


2020年の2月の終わりに
喜多道場に足を踏み入れました。

緊縛教室の見学に来たのが始まり。


2年前から喜多道場の事は知っていたし
SMluxuryの記事も全部読んで
Twitterでも色々調べていたので
安全なところだろうと思ってはいたけど、
どうしても緊縛=怖い、危ないイメージがあり
見学に行く時は、もしかしたらもう家に帰れない
かもしれないと変な覚悟をしていた記憶が…(笑)


でも足を踏み入れたその場所は
とても明るくクリーンな環境で拍子抜け。

笑顔でおしゃべり好きな喜多先生、
楽しそうに先生にいじられている生徒さん。
でもレッスン中は真剣。

ほんのりお香の匂いが漂っていて
色鮮やかな縄がたくさんあって
非日常な空間なのに何だか居心地が良かった。


そして
レッスンの最後に少し縛ってもらった。

生徒さんと受け手さんに見られながらの
初めての緊縛はとにかく緊張しました。


すごい速さで私の体が縄に包まれた。
強い縄なのに痛みがなくて不思議な感覚。

竹鞭で攻められて痛いけれど気持ち良い。

だけどこの時はどう反応したら良いのか
分からなくてただ必死で声を押し殺していた。


縄を解かれる時は安堵と少し寂しい気持ち。


最後に先生に強く抱き締められて、
その時 今まで味わった事がないくらいの
安心感に包まれた事を今でもすごく覚えている。

終わった後は 体が汗でびっしょり。
心地良い疲労感でその日はとても良く眠れた。


その翌日 撮影をしてもらって、
【こはる】という名前をいただいて
気付けば動画やLIVEに出る事になり現在に至る。


2020年、
心が不安定で辛い時期が多い一年ではあったけど
それでも昨年よりは自由で幸せでした。


それは こんな私の事でも応援してくれる人、
見守ってくれる人、好きだと言ってくれる人、
にたくさん出会うことができたからです。
(もちろんビスくんのファンの方も。)


皆さんに支えられて
今年一年を生きることができました。


一人一人直接お会いしてお礼を言いたいくらい
ですがそれは難しいのでこの場をお借りして、


本当にありがとうございました✩.*˚


皆さんが穏やかな気持ちで2021年を
迎えることができますように。


こはる



 

キュレーター紹介

喜多道場名古屋のこはるです。 死に損なって喜多道場に辿りついたただの36歳。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

この記事に対するコメントはまだありません