喜多縛りコレクション

喜多縛りコレクション 150

こはる
死にたい女に生きろというのは酷な話だ。
定期的に死にたくなる女、こはる
心の虚弱体質、心に栄養を与えるには緊縛が一番だ。
ただし、抜本的な解決にはなりはしない、一時的な栄養補給。
心に悦びを与え、心自体に生命力を満たす。
人生の喜びは、人それぞれ違う、
さて、こはるの人生の喜びとは...悦びは分かってきたのだが、
これからも、この面倒な女とつきあいましょう
お前の心が喜びで満ち溢れるようになるまでね。













キュレーター紹介

独自に染め上げた色鮮やかな染め縄を使った緊縛が特徴。自身も緊縛師として全国で活動する傍ら、日本におけるBDSM(bondage, dominance and submission, sadomasochism)に関する文化や価値観を改めるための活動を精力的に行っている。当Webメディア「SMLuxury(エスエムラグジュアリー)」では、編集長としてBDSMに関する情報発信を行う。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

この記事に対するコメントはまだありません