その他

受け手のお仕事

喜多先生は名古屋を本道場とし東京五反田にも緊縛道場を持つ超多忙おじ様なのです。
木曜日から水曜日まで名古屋道場で過し、木曜日に新幹線で東京に移動する…その繰り返しの生活も5年目だそうです。

緊縛教室を毎日開催し、LIVEで人前で縛ったり、動画撮影や縄作りをしています。

緊縛教室を毎日開催しているって凄くないですか?!?!
毎日開催しないと間に合わないくらい生徒さんが多いという事です。少人数制なので1人1人をきっちり見て指導しています。
その中で最も大切と言っても過言では無いのが「受け手」の存在です。喜多先生の道場は習いたい時にすぐ習えるように受け手が在籍しています。逆を言えば教室を開きたくても受け手がいなければ成り立たないのです!おじさん同士で縛り合うなんて悲惨過ぎますよね?おぞましいです。


緊縛教室の受け手は至って健全な場所なので安心してご参加頂けます。
受け手の服装はジャストサイズのロングスリーブやTシャツと、身体にフィットしたレギンスです。あくまで縛りを習いに来ている生徒さんのお相手なので縛りやすい服装をお願いしております。生徒さんは全員身分証明書を確認させて頂いているので身元不詳の様な怪しい方はおりません。その前に態度や素行の悪い方は先生のお説教にビビり来なくなるか、改心し真面目に通い出します。
緊縛を通して技術だけではなく男をあげて欲しい。そして女性を喜ばせる事のできる男性が増えてくれたら嬉しいな。そんな気持ちで教室は和気あいあいと和やかな空気感です。


緊縛教室の時間は2時間です。休憩を挟みながら生徒さんも変わりながら縛るので退屈はしないかなと思います。あっという間に時間が過ぎてしまいます。色んな方に縛られていると縛り手さんの性格や精神状態が麻縄を通して感じる事が出来たり、普段出会えない様な方との出会いも多くあります。と言うのも喜多道場の自慢は高学歴のインテリおじさんや最近ではSNSの普及でキラキライケメンお兄様、絶対お金持っている職業ランキング上位だよね?!なご職業、社長様、ハイクラスと言わざるを得ない方が多く習いにいらしているのです。緊縛はお勉強中ですが圧倒的な人生経験をお持ちの男性でしたら食事に行くのは楽しそうですね。どうぞ受け手をしながら出会いの場としてもご活用下さい。

何より楽しく厳しくがモットーの道場ですので先ずは名古屋道場、五反田道場へご見学にお越し下さいませ。

私akeも受け手の一員ですのでご質問等あればTwitterDMや下記からお待ち致しております。
因みに私が受け手をしていて嬉しい事は生徒さんが続けて習ううちに心の変化を遂げることです。
緊縛はえろ事ではありますが人の命を預かる大変高度な遊びです。喜多道場に来たばかりの頃は緊縛すら理解出来ずに拘束の延長と捉えている方もおります。女性に触れるだけで緊張していたり、頼りなかったり。そんな生徒さんが時間を掛けて紳士的な振る舞いや喜多先生の緊縛を理解し始めて所作、触れ方、縄さばき空気感、男として変化をしていく姿を正座で見守っております。
喜多先生が「○○が最近上手くなってきたんだよ」とお話を聞くのも大好きです。



今回の記事はスペシャルゲストの登場です。名古屋でSHIBARI EROSモデル、受け手として活動をしているこはるちゃんにお話を伺いました。(ここからは質問形式で進みます)




あけ:こはるちゃんは受け手を始めてどれくらいになりますか?

こはる:2020年の3月から受け手を始めたので一年ちょっとです。

あけ:有難うございます。受け手をしていて楽しいことを教えてください。

こはる:普段 引きこもり気味で他人と会話する事が少ないので、単純にお喋りできるのが楽しいです。先生のお話は面白いし人生経験豊富なので為になる事もたくさんあります。あと最近は生徒さんの成長を見れる事も楽しいです。

あけ:その日のメンバーによって色んな会話があって楽しいですね。1日の疲れが吹き飛びますね。

あけ:正直大変だなあと思う瞬間はありますか?

こはる:良くも悪くも縛り手さんの人間性や感情を縄から感じとってしまうので時々すごく疲れてしまったり心が苦しくなる事があります。ただ触りたいばかりのエロい気持ちが優先していたり
人間としてではなく、物のように扱われている感がある時はしんどいですね。(でもほとんどの生徒さんは真面目に緊縛と向き合っています。)
あとこれからの季節特にですが汗や体臭がキツイ方だとちょっとしんどいです…

あけ:この二つは受け手あるあるですね(笑)縛ることに一生懸命になり過ぎて受け手の存在を忘れてしまう生徒さんはその事に気付いて大切に縛ってくださると嬉しいですね。臭い問題やエチケットに関しては喜多道場は特に厳しく指導しておりますので、これから受け手をしてみたいとお考えの方はご安心ください☆

あけ:生徒さんとコミュニケーションを取ることはありますか?

こはる:Twitter上でもやりとりしますし仲の良い生徒さんとはご飯に行ったりもします。

あけ:SNSは名古屋、五反田両道場の生徒さんと絡めて楽しいですね。コロナが収まったらまたご飯に行きたいですね☆

***こはるちゃん有難うございました***





↑コチラが喜多道場で本結びが出来る様になったら一番はじめに習う単縄の後手縛りです。受け手の方は正座(座った状態)で受けて頂きます。その他にも脚縛りや吊りなどもあります。まずは座って受けて頂くところからスタートします。

このように私たち受け手は喜多道場に縛られに通っています。先生と生徒さんに会いに・・・
今日は誰がいるのかな??そう楽しみに駅から歩いて向かうのです。

やってみたいな!とご興味をお持ち頂いた方は是非コチラからお問い合わせをお待ち致しております☆
私たちと一緒に喜多道場を盛り上げましょう☆!!

キュレーター紹介

ake

イメージコンサルタント、ベリーダンサー、モデル、変態の四足のわらじを器用に履きこなします。どうして私が『見た目』にこだわり『美の追求』をし、『素敵に歳を重ねる』事に趣を置くのか。そしてSMとの出会い、緊縛が私に与えてくれたもの。 考え事と妄想の交差点。読書をして恋をし、電車に乗っても恋をする。恋多き女とは私の事ね。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

この記事に対するコメントはまだありません