瘋癲ノ喜多サン

ロマンチックでエロチック

SMでは、よく調教してやるなんていうけど私はあまり好きじゃない、
おもうところ成長させてあげるなんだよね。
SMのイメージは、粗暴な男たちが作りあげた猥褻性と暴力性だ。
私の表現するSMは、もっとロマンチックでエロチックだね。
パートナーが悦ぶのであれば愛のあるシバキで痛みをも与える。甘く意地悪でいやらしい言葉を添えて
バイブレータや電マはオナニーの道具、最高のプレイには、縄、鞭、蝋燭と私だけで十分だ。

新しい快感を探すんじゃなくって怖れないで感じるんだ。
そして、充実した性で生きること。
そのためには、既成のすりこまれた道徳や社会の使い古されてた秩序なんか
犠牲にしてもかまわないんだからね。
さぁ私に身も心もまかせて、快感の宇宙の中に深く深くのみ込まれてゆきなさい。
なにも怖くなんかないからね。



 

キュレーター紹介

独自に染め上げた色鮮やかな染め縄を使った緊縛が特徴。自身も緊縛師として全国で活動する傍ら、日本におけるBDSM(bondage, dominance and submission, sadomasochism)に関する文化や価値観を改めるための活動を精力的に行っている。当Webメディア「SMLuxury(エスエムラグジュアリー)」では、編集長としてBDSMに関する情報発信を行う。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

この記事に対するコメントはまだありません