瘋癲ノ喜多サン

偶然に支配される日常

なぜこんなにセックスの虜になるのか
セックスは、ふがいない現実を覚醒する為の処方薬なんだ
性的に興奮すると
物質的な痛みだけでなく、精神的な痛みも緩和され
心も体も勃起状態になる
痛みも苦しみを感じない無敵恍惚状態だ
そのぶん 性交が終わった後のリバウンドでは不安を掻き立てるられる
集中力を喪失したときの 無気力 物寂しさ 嫌悪
実は、これが本来ある人間の本質なんだろう
偶然にもてあそばれているんだ
偶然に支配される嫌悪から逃れかのようにセックスをする
だから人は セックスの呪縛から解き放たれないのだろう

酒や非合法なドラック 覚醒させる音楽や映像が
心地よく感じるのも
偶然に支配されることを嫌うからなんだ


 

キュレーター紹介

独自に染め上げた色鮮やかな染め縄を使った緊縛が特徴。自身も緊縛師として全国で活動する傍ら、日本におけるBDSM(bondage, dominance and submission, sadomasochism)に関する文化や価値観を改めるための活動を精力的に行っている。当Webメディア「SMLuxury(エスエムラグジュアリー)」では、編集長としてBDSMに関する情報発信を行う。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

この記事に対するコメントはまだありません