その他

GLAMDY SHIBARI 通信vol.1

こんにちは!STUDIO GLAMDY SHIBARIの惠です。
暑い日が続いておりますが皆さまいかがお過ごしでしょうか?

こんなに暑い日はクーラーのきいた涼しい部屋でゆっくり緊縛を堪能したいものですね。
といっても縛り手さんは体力を使うので、クーラーがきいていても汗だくになってしまいますが・・・
いつも一生懸命に汗を流す縛り手さんに感謝致します。

現在東京スタジオと名古屋スタジオの二店舗で
教室や緊縛イベントを開催しているSTUDIO GLAMDY SHIBARIですが、
名古屋スタジオは3階がスタジオになっており、一階がアパレルショップとなっております。
1階のショップでは喜多縄も取り扱っているのですが、
最近女性が染縄を一本買っていくケースが多いように感じます。

やはり染縄は綺麗なので女性受けがいいようです。
そして決まって皆さん一本ずつ買われるのは、自縛用でしょうか・・・
縛らなくても各色並んでいるのを見るとコレクションしたくなりますよね。


先日スタジオにカップルで訪れた女性が、最初は受け手で参加していたのですが、縛る方に興味を持って、
いつのまにかこんなに綺麗に自縛が出来るようになっていました。

彼女はこれから縛り手さんとして教室に参加して下さるそうです。
他にも女性の生徒さんが増えてきたりと、じわりじわりと縄人口の増加を名古屋でも感じております。

さて、まだ先話になりますが、今秋10月、
喜多日曜道場番外編ということで、緊縛合宿を開催します!
東京スタジオ、名古屋スタジオの生徒さん、生徒さんでない方も参加できます。
みなさんの交流の場になればと思っております。ぜひ参加してくださいね!

日曜道場番外編!緊縛合宿

キュレーター紹介

幼少の頃に映画で見てしまった ” 女性が追い詰められ首を絞められるシーン ” で 自分の中の性が目覚めるのを知ったとゆう惠。 思春期になり本屋で偶然に発見したトレヴァーブラウンの画集に描かれた 痛々しい姿の少女達の絵に衝撃を受けるが、 その痛々しい姿の少女達と自分を置き換えて作品を 見ている自分に気づき自分の M 性を感じたとゆう。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

この記事に対するコメントはまだありません