瘋癲ノ喜多サン

縄との出会い、ある男と女の場合。

前回にひき続き私の縛りを受けた方からのメールを抜粋させていただきます。
このようなメールをいただけるのがこの仕事をしていて一番嬉しいことです。今後もたくさんの方の悩みを少しでも軽減できたらなどと思い、より襟を正して我、縛道の深みを追求して行きたいと思うのであります。



先日は、お世話になりました。
ケンとジュンです。
先日は先生の縄を施していただき…ありがとうございました。私たちふたりにとって…今回の縄との出会い…先生との出会いは…無くてはならなかった出会いだと感じております。本当にありがとうございます。
当日…先生のスタジオに辿り着くまでも…すごくふたりの間に様々な感情が巡り…辿り着けないかもしれないと…正直思った時もありました…でも飛び込んでみて…全てが報われて…癒されて…本当に良い1日になりました。
ふたりにとってかけがえのない…宝物のような時間になりました。ありがとうございました。


喜多先生…
縛られているとき、涙が溢れて止まりませんでした。本当になんで涙が出るのかわからないくらい、今まで溜め込んできたものがやっと出口をみつけたみたいに…。
涙がでて、あたたかいものを求めて、きつく抱きしめてくれて、あたまを撫でられていて、もう我慢しなくていいよ…って言われたみたいに解放されて…。役立たずでいらない子だったわたしは許しを得たみたいに安心してホッとして。やっと、抱っこしてもらえたってホッとして…。
次の日もグッタリでした。でも、チカラが抜けたようなどこかホッとしたような気持ちのいいグッタリ感で…。からだにもこころにも縄が残っているようなそんな気持ちよさと解放感と…すごく幸せな気持ちと。緊縛に…すっかり魅了されて。縛られたい…と常に思ってしまうわたしがいます。
ジュン。


私自身は先生の縄にただただ圧倒されるばかりでしたが…縄がたくさんの事を教えてくれるような気がしてなりません。縄との出会いが…私自身にとっても…人生の転機となりそうな予感がしてなりません。
ふたりの物語に縄との出会いは必須だったんだと…実感しています。そして今、すごくジュンを縛れるようになりたいと思っています。ジュンも縛られたいと心から思ってくれていると思います。
近いうちに…先生に縄を教えを頂きに伺おうと心に決めております。その時は厳しくご指導のほどよろしくお願いいたします。
お礼のメールが遅くなってしまいましたが…この感謝の気持ちをお伝えしたくメールを送らせていただきました。ありがとうございます。
ケン。



ケンさんとジュンさんは、W不倫の熟年カップルです。
旦那さんにも打ち明けられない悩みをもつジュンさんを献身的支えるまじめ人間のケンさん。相手を想うがゆえに傷つけあってしまうふたりが行き着いた先がこのサイトでした。先にみつけたのはジュンさんでしたが、その後ふたりで私の記事を熟読し緊縛写真のモデルの恍惚の表情に魅了されてコンタクトを取られたのでした。
夫婦では解決出来ない、妻でも夫でもなく母でも父でもいないひとりの人間としての悩み、W不倫といわれようが惹かれあって強固な楔で繋がりあったふたりの純愛なのです。

私はこのように返信しました。

こちらこそありがとうございました。
今後のおふたりにとって縄は重要なものになることでしょう。
迷いながら一生懸命生きてるふたり
相手を思いやりながら時として傷つけあってしまうふたり
頭で考えてしまうから疲れてしまいますね、体で感じて心で感じてふたりの関係を高めて、
そしてふたりで一緒に解放して行きましょう。
ついつい真面目になりすぎてしまうふたりにとって縄はかけがいのないもになることでしょう。
肩の力を抜いてゆったりと縄を学んで下さい、緊縛は80歳を過ぎてでも出来ますからね。
のんびりふたりの愛を高めながら勉強しましょう、しっかり教えさせていただきますね。
喜多



みなさんはどう思われますか、変態 不倫 浮気と責めますか
ひとりの人間として誰しも幸せに生きる権利があります。男社会がつくった倫理、常識、差別に疑問を持ちませんか、
一度きりの人生です悔いなく暮らしましょう。一分一秒も無駄にすることなく、魂を揺さぶりながらわくわく生きましょう。
悩む時間があったら一度私に会いに来て下さい、別に縄を無理にする必要はありません、いつしか縛り縛られたくなることでしょう。
肩の力を抜いて私と一緒に快楽人生を歩みましょう。

喜多征一

キュレーター紹介

独自に染め上げた色鮮やかな染め縄を使った緊縛が特徴。自身も緊縛師として全国で活動する傍ら、日本におけるBDSM(bondage, dominance and submission, sadomasochism)に関する文化や価値観を改めるための活動を精力的に行っている。当Webメディア「SMLuxury(エスエムラグジュアリー)」では、編集長としてBDSMに関する情報発信を行う。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

この記事に対するコメントはまだありません