喜多縛りコレクション

喜多縛りコレクション 104

NAGOYA SHIBARI GIRLS WATARU

渉は、不思議な子だ
緊縛モデルをやっていることを両親に話し
母親は、私も縛られてみようかなと
父親は、今日も縛られてきたのかと
なんと開かれた家族だろうか

しかし、緊縛は恥ずかしいものでもいけないことでもない
こんなふうにオープンに話すべきことなんだろう
精神と肉体と性の解放について語ることがタブーな世の中ではいけない












キュレーター紹介

独自に染め上げた色鮮やかな染め縄を使った緊縛が特徴。自身も緊縛師として全国で活動する傍ら、日本におけるBDSM(bondage, dominance and submission, sadomasochism)に関する文化や価値観を改めるための活動を精力的に行っている。当Webメディア「SMLuxury(エスエムラグジュアリー)」では、編集長としてBDSMに関する情報発信を行う。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

この記事に対するコメントはまだありません