瘋癲ノ喜多サン

鬼に支配された夕霧

先日、夕霧さんと言う名のご婦人がセラピーにおいでになられました。
聞くところによると、夕霧さんは
30代の頃よりあらゆる変態プレイをされて
身も心も憔悴してしまい、今では女が枯れてしまって
感じなくなってしまったとのことでした。

セラピー後にこのような素敵な文章を寄せてくれましたので
ご紹介させていただきます。(夕霧さの許可はいただいています)


忘れかけた女を瞬時に思い出した時間 静寂の中で始まった緊縛…
縄の滑る音と先生と私の吐息しかない中でだんだん身体の自由を奪われていき色々な事が頭の中を巡る。
どこかか座禅にも似た…
身動き出来ない中過去の自分と向き合う、思考がネガティブに傾きかけたその時、先生から容赦なく乳首に与えられる痛み。
逃げ出したくなる痛みも叫ぶ事しかできず自分が限界だと思っているもう少し先まで追い込む先生。
痛みによって思考と身体がだんだんひとつになっていき自分の身体に意識が集中していく。
私は今まで自分の身体が本当に喜ぶ行為をしてきたのだろうか…
自問自答を繰り返す… その瞬間先生の秘部周りからうち太ももにかけてのの容赦ない痛みの攻め…
また思考と身体が重なる… 身体の声に耳を傾ける事を今までしていなかった事に気づく…
先生からたくさんの全身のお土産をいただきました。
痛みのお土産は、淡い痛みに変わりそして…
私の中の鬼が目覚めてしまいます。
今度は鬼が暴走しないように鬼をコントロールできる方とだけ触れ合いたいと思います。
喜多先生…また来月鬼を沈めに参りますのでよろしくお願いします。











 

キュレーター紹介

独自に染め上げた色鮮やかな染め縄を使った緊縛が特徴。自身も緊縛師として全国で活動する傍ら、日本におけるBDSM(bondage, dominance and submission, sadomasochism)に関する文化や価値観を改めるための活動を精力的に行っている。当Webメディア「SMLuxury(エスエムラグジュアリー)」では、編集長としてBDSMに関する情報発信を行う。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

この記事に対するコメントはまだありません