喜多縛りコレクション

喜多縛りコレクション211

TOKYO SHIBARI EROS HONOKA

痛いのが好きな人がいれば嫌いな人もいる
苦しいのが好きな人がいれば嫌いな人もいる
ほのかはどちらも後者だ
初めてのライブではステージの上で痛い痛いと連呼した
正直そんなモデルは初めてで面食らった
苦しがるので後手で吊ることはできない
前手でも高くは吊れない
それでも今回で3回目のライブだしかもトリでの登場
さあこんなほのかをどんな風に調理するかは腕の見せ所だ
こんなモデルがいてもいいんじゃないかな
みんなが激しい責めを好むわけではない
昭和の時代はそんな人しか縛られなかったけど
今は令和インターネットやSNSの普及で緊縛ファンもみるみる増えて
いろんな楽しみ方ができる時代だ
それに対応するのがプロだから
トリのほのかに期待してください
そう9月25日の東京四谷での逝かせ縄ライブにほのかは出演します。
ニュースタイルの緊縛モデルを見てみてください
詳しくは↓↓↓をご覧ください
https://smluxury.jp/news/post_1790.html

















































 

キュレーター紹介

独自に染め上げた色鮮やかな染め縄を使った緊縛が特徴。自身も緊縛師として全国で活動する傍ら、日本におけるBDSM(bondage, dominance and submission, sadomasochism)に関する文化や価値観を改めるための活動を精力的に行っている。当Webメディア「SMLuxury(エスエムラグジュアリー)」では、編集長としてBDSMに関する情報発信を行う。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

この記事に対するコメントはまだありません