瘋癲ノ喜多サン

愚楽夢日

愚かなる嘘つく
胸がざわめく楽しい想いが好きで
聖と俗との狭間のような夢の入り口で浮遊する
虚と実が五分五分に混合された毎日を過ごす

愚楽夢日

さてぼちぼち
人生最終章の作品群を作りたくなってきた

生き様
粋な様
恥という概念
紐・縄・綱
縛り結び

日本人として
父と母

ワタシはナニモノで
ナンのためにウマレてきたのか
シルしておこう






 

キュレーター紹介

独自に染め上げた色鮮やかな染め縄を使った緊縛が特徴。自身も緊縛師として全国で活動する傍ら、日本におけるBDSM(bondage, dominance and submission, sadomasochism)に関する文化や価値観を改めるための活動を精力的に行っている。当Webメディア「SMLuxury(エスエムラグジュアリー)」では、編集長としてBDSMに関する情報発信を行う。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

この記事に対するコメントはまだありません