瘋癲ノ喜多サン

しらゆりさん緊縛セラピーを受けて

先日、しらゆりさんとおっしゃるご婦人がセラピーにお越しいただきました。
ご本人もカラーセラピストをしてらっしゃって、ブログも書いています是非ご覧になって下さい。

しらゆりさんのブログ『しろきゆり』        
https://shirayuri-xx.com/

今回の緊縛セラピーでの感想をブログに書いて下さってますので一部抜粋させていただきました、どうぞご一読下さい。


【喜多征一先生の「緊縛セラピー」を体験してきました。】

Twitterをご縁に、SMLuxuryというサイトを知りました。(Twitter:@smluvury)

そして、緊縛師の喜多征一という先生がいることも知りました。

縛られたい願望のある私は、「こんな世界があるんだ~」と興味津々。

緊縛のこと、喜多先生の思い、そこに集う受け手さんたちの声を読んで、「私も体験したい」そんな思いを抱いていました。

 

でも、「踏み入れても大丈夫なのかしら?」という不安がありました。

そんな私が一歩踏み出したのは、「このまま悩んでいても歳を重ねるばかり。気になるな、いいな、と思っているのなら、一度体験してみたらいいじゃない。体験してみて、なんか違ったと思ったら近づかなければいいだけ」

そう思ったので、思い切って予約をしました。

 

緊縛セラピーは、女性の場合、2時間10,000円(男性は2時間13,000円)。

これが高いのか安いのかは、分かりません。

ただ、心理カウンセリングを受けると、1時間で10,000円くらいかかります。

それと比べると、お手頃価格かも・・・。

 

気持ちよく縛られる。(完全個室プライベート縛り)

ストレスが溜まってるとき、心が不安定なとき、リフレッシュ出来ます。
性的な快感が欲しいとき、着衣のまま縄でオーガズムを感じられます。
老若男女問いません、体重制限もありません。性的マイノリティの方に好評です。

料金:2時間 10000円 (延長は1時間単位でお受けします)

★SMLuxury 喜多の効能とその価格より

 

さて、当日のこと。

緊張して、ドキドキしながら呼び鈴を鳴らしました。

すると、気さくな感じでお返事があり、そのまま上がって、先生の後ろについてお部屋に入りました。

お部屋に入ると、スッとお香の香りが鼻に飛び込みました。

なんのお香なのかなぁ。聞いてこればよかった。

心地よい香りでしたよ。

 

そして、音楽をかけてくださり、その音楽が、また耳に心地よいクラシック。

私の大好きな曲も混じっていて、気持ちがラクになりました。

 

喜多先生は、私の緊張をほぐすかのように、穏やかにお話してくださいましたよ。

しかも、素敵なお声で。

それから、準備に入りました。

 

私の下着の色に合わせて、縄の色を選んでくださいましたよ。

私は、黒のスリップの下に、ターコイズの下着を身につけていたので、深い緑の縄。

もうそれだけで、ドキドキしていました。

 

始まる時、先生は私の後ろにまわり、ぐっと抱きしめてくれました。

その時、私は肩に力が入っていることに気づき、「ラクにしよう。全部おまかせしよう」と思いました。

あとは身を委ねて、縄が身体にかかる感覚を感じ取ることにしましたよ。

 

ぐっぐと縄が強く身体にかかるごとに、私は嬉しくなっていきました。

「憧れていた体験を、今しているんだ・・・」という喜び。

要所要所で先生が抱きしめてくださるので、心もほぐれていきました。

そして、私は恋人もいないので、スキンシップに飢えていたのかな?とも気づきましたよ。

 

「気持ちよく縛られる」というお題目どおり、ただ縛られるだけでなく、先生の手が身体のあちこちを刺激。

それだけでなく、途中で鞭が出てきて、ビックリ。

かなり加減してくださったのでしょう。鞭に打たれても、ちっとも嫌ではありませんでした。

 

お香の香りが漂い、落ち着いたクラッシク音楽が流れる中、「次はどんな風に縛られていくのかな?」と気分が高揚していきました。

「痛いけど、気持ちいいでしょ」と言われ、素直に「はい」と答えていましたよ。

 

2時間があっという間。

心地よい気分になれたので、もっと体験したいと思っています。

なので、なんとかお金の都合をつけて、スケジュール調整をしたいな。

それから、喜多先生と、もっとおしゃべりもしたいです。

 

「命短し恋せよ乙女」ではないけれど、人生には限りがあります。

縛られる体験ができるのも、そう長くはありません。

体験できるうちに、「緊縛セラピー」を受けに行きたいです♪

 

【「緊縛セラピー」効果?!心が華やいでいるよ】

 

先日、喜多先生の「緊縛セラピー」を体験してから、心がパァッと華やいでいます。

「行って良かった~。また行きたいなぁ」という気持ちが強くあって、「じゃぁ、次に行く時までに、少し痩せたいね」とか、「アトピーで肌が荒れているのは仕方ないことだけど、せめて、できる限りのケアはしようね」などと、前向きな思いが湧いています。

また、「美人じゃないからこそ、内面から輝く人でいたいな~」なんて思っていますよ。

 

申し込む前は、いろいろ悩んでいました。

でも、グズグズ悩んでいても、すぐに年老いておばあちゃんになってしまいます。

その時に、後悔しても遅い・・・。

自分の年齢のこと、健康状態のこと、この先何があるかわからないこと。

そして、縛られている女性の写真を見て、「素敵だな。いいな~」という憧れの気持ちがあること。

こんなことが頭の中を駆け巡り、心のスイッチを押しました。

「とりあえず、体験しちゃえ!」って。

 

そして、今は、「体験して良かった」という思いで、いっぱいです。

 

記憶って、どんどん薄れていきますよね。

なので、ふとした時に思い返していますよ。

  • ぐっと抱きしめてもらった時の、心が安らぐ感覚
  • 縄をかけられた時の、なんとも言えない喜び
  • キツく縛られていくのに、心地よいと感じる不思議な気分

思い返すだけで、幸せ。

その幸福感が、仕事を頑張ったり、日常生活を送る、力となっています。

 

本当に、また行きたいです。

でも、1月は難しい・・・。

なので、2月かな。

あ~ん、それまで、頑張れるかな~?

でも、辛抱しなきゃ。

 

華やかな気分になり、喜びを感じて、私は幸せです。

喜多先生、素敵な時間をありがとうございました。

 

さぁ、毎日を頑張るよ~。

そして、女磨きもするよ~♪

声高に宣言したところで、今日はおしまい!

では、また。

 



 

 

キュレーター紹介

独自に染め上げた色鮮やかな染め縄を使った緊縛が特徴。自身も緊縛師として全国で活動する傍ら、日本におけるBDSM(bondage, dominance and submission, sadomasochism)に関する文化や価値観を改めるための活動を精力的に行っている。当Webメディア「SMLuxury(エスエムラグジュアリー)」では、編集長としてBDSMに関する情報発信を行う。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

この記事に対するコメントはまだありません