瘋癲ノ喜多サン

妻への誕生日プレゼント

先日素敵なご夫婦が、寝取られ縄においでになられました。
遠方よりお越しで、前日から名古屋に宿泊されてのご来道場でした。

最初は、このような丁寧なメールが届きました。

こんばんは、初めて連絡させていただきます、◯◯県在住の四十代夫婦です。
昔から、縛りの世界には二人とも興味があったのですが、簡易的な拘束具で
動きを制限して、バイブなどを使用しながら楽しむ程度でした。
こちらのサイトを夫婦で覗くようになって、他人の方に妻を縛っていただき、
無抵抗に逝かされる様を、体験したいと思うようになりました。


日時のやり取りをしまして
続いてこのようなメールです。この時点でとても誠実な方の印象があります。

ご連絡ありがとうございます
前日から名駅周辺に滞在しておりますので、お昼前には其方に伺えるかと思います。
当日に向けての心構え?など、ございましたら御指南頂けるとありがたいです。


そこで私は、このように返信をさせていただきました。

心構えとしましては、奥様には全裸で縛られることをお勧めします。
縄は素肌に当たるのが一番気持ちがいいのです。
もし全裸に抵抗がおありでしたら最低下着での緊縛がいいですね。
後、写真や動画撮影はご自由にどうぞ私の顔は映っても構いません。
またなにかご質問等ありましたらなんなりと
お尋ね下さいね。


続いて奥さま愛に満ちたメールです。

全裸での縛り…少しでも綺麗に縛って頂ける様、色々思案している
妻を愛おしく思います。
当日は、自分の前では見せない妻の様子が観れるのを、期待と不安
膨らませながら…伺いたいと思います。
宜しくお願いします。


名古屋道場の所在地をお知らせするのと一緒にこのような文書を添えました。

時間の前後は構いませんので安全にお越し下さい。
いままで見ることの出来なかった奥様の妖艶な姿に
また恋をしてしまうと思います。


何通かメールのやり取りがあり旦那さんの性癖等をお伺いして、また微笑ましい一文が...

一連の流れ、妻に説明したところ、笑われました…
(責め具の件です)
当日は、妻が持っているM性の深い部分が見れたらと、思います。


そして当日、衝撃的な一言が旦那さんから
「今日は妻の誕生日なのです。これは誕生日プレゼントなんですよ」と
な、なな、なんと粋なプレゼントでしょうか、いやいや女性関係が複雑だった私としては
なんとも心温まるこのプレゼントに心底驚き、感動しました。
と同時に身の引き締まる縛りとなったのです。(いつも全力で真剣に縛っていますが...)
無事縛りも終了しまして、その後少し縛りについてお話をさせていただきました。
ご夫婦で熱心に聴いていただいて嬉しかったです。
その後仲むつまじく帰られました。

後日このような感想のメールが届きました。感想のメールをいただくだけでも嬉しいのですが、
このように緊縛や性の価値観が変わられることは大変ありがたいことなのです。

喜多先生、昨日は貴重な体験の場を提供して頂きありがとうございました。
嫁との感想戦…非常に話が弾みました。(先生との施術後の会話が非常に納得出来る内容だったらしく、
喜多教の信者に手を挙げかけてる次第です…)
近いうちに、お時間が許すなら二人で、お邪魔させて頂きたいと思っています。
本当にありがとうございました。


そして私の返信は

こちらこそありがとうございました。
奥さんの誕生日プレゼントが縛りだなんてとても粋です。
もしよろしければこのエピソードで記事を書かせて下さい。
世の女性が羨ましく思うこと間違いなしです。
是非またお越し下さい。
奥さんの感度がもう一段階上がり
今回とは比べ物にならないくらい気持ちよく乱れますよ。
素敵なご夫婦に出会えてとても嬉しいです。

これからもよろしくお願いします。

とこの記事を書くことの承諾をお願いしまして了承していただきました。

エピソードの件、了解しました。
ちょっと歪んでいる私達夫婦の事…
広めて頂ければエロ活?の励みになります。
年度が変わるまでにそちらに伺い、先生の逝かせ縄
《ちょっとハード版》を、体験できればと二人で相談しています。
日程決まりましたら、ご連絡いたします。


どうでしょうか、世にはこのようなご夫婦が存在するのです。
旦那さんの奥さんに対する愛が満ち満ちてますよね。
今後このご夫婦のより一層深い、ちょっと歪な愛のヒントを与えられるよう
頑張りたいと思います。

最後にみなさん、このような行為は変態なのでしょうか
私は、純性愛だと思います。男と女、恋人、夫婦の仲は愛だけではダメなのです。
性が存在しないと生きていることにはなりません。
その性愛が人と少し変わっていることが変態なのでしょうか?
もしそれを変態と呼ぶのであればこぞって、変態最高と叫びましょう。

コロナ禍で息苦しい生活を強いられているかな
ほっこりするエピーソードみなさんはどう感じられましたでしょうか?

喜多は怖いと巷で噂されますが、結構優しいメールを返信するでしょ
何なりとご質問ご意見してみてくださいね。会うと気さくな話好きのおじさんですよ。

喜多征一

*写真は本文とは関係ありません*
Photo:Takuya






 

キュレーター紹介

独自に染め上げた色鮮やかな染め縄を使った緊縛が特徴。自身も緊縛師として全国で活動する傍ら、日本におけるBDSM(bondage, dominance and submission, sadomasochism)に関する文化や価値観を改めるための活動を精力的に行っている。当Webメディア「SMLuxury(エスエムラグジュアリー)」では、編集長としてBDSMに関する情報発信を行う。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

この記事に対するコメントはまだありません