グッズ紹介

GLAMDY SHIBARI通信vol.6

喜多縄 新色 鶯(うぐいす)販売開始

10月に入り一段と秋めいてきましたね。
店頭の喜多縄コーナーも気が付けば秋の紅葉の様な色味になっております。


縄の締りがよく、細くきめ細やかな仕上がりが緊縛好きの方に人気の喜多縄に新色が出ました。
 
 喜多縄の新色 鶯(うぐいす) は日本の文化特有の色彩感覚に基づいた風流な色味がなんとも魅入ってしまう仕上がりです。
ウェブショップでも店頭でもお買い求め頂けます。
【喜多縄鶯 GLAMDY BASE店】http://glamdy.thebase.in/items/6252445 


人気で追加販売になった枯桜も入荷しております。
渋みのピンクが女性にうけが良い様です。

【喜多縄枯桜 GLAMDY BASE店】http://glamdy.thebase.in/items/6252445 


喜多縄とは・・・
繊維のプロである喜多征一が厳選して選んだ麻縄を、反応染めで染め上げました。
繊維と化学結合して染着する染めの技法を使っている事で、耐久性に優れており、色落ちしにくい仕上がりです。
強い牽引圧をかける事により縄の締りがよく、細くきめ細やかな仕上がりとなっております。
毛羽を丁寧に3度焼きして処理し、
仕上げには動物性の油を使わず、無添加の生の椿油を使っております。
長く使用してもよりが解けにく初心者の方にもプロの方にもお勧めの麻縄です。

最初は固めの仕上がりとなっておりますので縛っていく毎に馴染む感覚、縄を『育てる』感覚もお楽しみください。

こちらのWEBショップよりお買い上げいただくことができます。
GLAMDY BASE店 喜多縄

店頭販売はSTUDIO GLAMDY SHIBARI NAGOYA物販スペースにてお取り扱いしています。
GLAMDY 名古屋市東区筒井3-4-7

東京スタジオでも扱っておりますので、教室や道場の際に是非ご覧くださいませ。


 

キュレーター紹介

幼少の頃に映画で見てしまった ” 女性が追い詰められ首を絞められるシーン ” で 自分の中の性が目覚めるのを知ったとゆう惠。 思春期になり本屋で偶然に発見したトレヴァーブラウンの画集に描かれた 痛々しい姿の少女達の絵に衝撃を受けるが、 その痛々しい姿の少女達と自分を置き換えて作品を 見ている自分に気づき自分の M 性を感じたとゆう。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

この記事に対するコメントはまだありません