シバリガールズ

月と女性


今月1月31日は全国各地で皆既月食が見られます。
日本で見られる皆既月食としては2015年4月4日以来3年ぶりだそうです。

満月がスーッと欠けていく月食は不思議でロマンチックな光景ですよね。
昔から月の運行と女性の体調とは関連があると言われています。
約29.5日周期という月のリズムと、女性の月経周期はほぼ同じと言えます。潮の満ち引きが月の引力の働きで起こるように、人の身体も約6〜7割が水分でできているため、月の影響を受けているという説があります。

満月の日には月のエネルギーが最高潮に達しているため、気分が緊張・高揚しやすくなると言われていますが アグレッシブ・ポジティブになれるとも言われています。ハメのはずし過ぎに注意ということで、おうちのベランダからゆっくりと、パートナーとふたりで月を眺めるのがおすすめです♪

皆既月食は、月が赤銅色と呼ばれる赤黒い色になり、神秘的な表情となります。
1月31日の月は20時48分に欠け始め、21時51分には完全に欠けて皆既食となります。月の色が変わる皆既状態は1時間17分も続き、23時8分には輝きが戻り始めます。
今回の皆既月食は時間帯も月の高さも、とても観測しやすい好条件にあるそうなので、あとは天気がいい事を祈りましょう。

1/31の皆既月食に合わせて、六本木ヒルズ屋上では「皆既月食観望会」が開催されるそうです。
普段は立ち入れないスカイデッキのヘリポート内にて、部分食の始まりから終わりまで見ることができます。さらに、天文の専門家が皆既月食についてや観望のポイントなどを解説してくれるるそうです。

六本木天文クラブ特別イベント「皆既月食観望会」
開催日時:2018年1月31日(水)19時~皆既月食終了(23:08頃)
場所:東京シティビュー「スカイデッキ」(森タワー屋上)

キュレーター紹介

幼少の頃に映画で見てしまった ” 女性が追い詰められ首を絞められるシーン ” で 自分の中の性が目覚めるのを知ったとゆう惠。 思春期になり本屋で偶然に発見したトレヴァーブラウンの画集に描かれた 痛々しい姿の少女達の絵に衝撃を受けるが、 その痛々しい姿の少女達と自分を置き換えて作品を 見ている自分に気づき自分の M 性を感じたとゆう。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

この記事に対するコメントはまだありません