瘋癲ノ喜多サン

底知れぬ欲求=エロス

前職で中国によく行った
中国女性のスタイルのいいこと
脚 胸 お尻
素晴らしい先天的宝物を持っている
でも女らしさを感じない
自己主張が強過ぎる
リアリスト
化粧が下手 スッピンで平気で外出する人も多い
なにより しぐさが勇ましいんだ
もりもり歩く もりもり食べる

ラウンジのホステス
セクシーなチャイナドレスの
スリットからのぞく
ほどよく肉付きもある長い脚
隣に座られたら
男なら誰しも多かれ少なかれ理性を失う
立ち上がり歩きだした瞬間
お尻をかく 食い込んだ下着をなおす
甘い幻想が、、、全て失う瞬間

中国が異常なんじゃない
日本が特別で
日本の女性のしぐさ 
内に秘めたエロスは素晴らしい
先天的な宝物をなにひとつ持ち合わせない小国の日本
スタイルが悪いから美への追求
資源がないから加工の工夫

恵まれない日本人の美しさ 強さは
異常なまでの努力
なぜそこまでするか
楽しく幸せに美しく暮らすため

先天的な宝物をたくさん持ってる中国 
いろんな面で中国は世界で一番になった
自信家の彼らは それに酔い始めている
余裕 裏づけのない自信それは過信 危険

女たちが好きな男の前で磨かれた女性になる瞬間
それは究極のエロスだ
間違いなくアート 
それこそ女らしさ 
底知れぬ欲求=エロス

ないものねだりを努力で手に入れる日本
美しい日本を努力して楽しむべし








 

キュレーター紹介

独自に染め上げた色鮮やかな染め縄を使った緊縛が特徴。自身も緊縛師として全国で活動する傍ら、日本におけるBDSM(bondage, dominance and submission, sadomasochism)に関する文化や価値観を改めるための活動を精力的に行っている。当Webメディア「SMLuxury(エスエムラグジュアリー)」では、編集長としてBDSMに関する情報発信を行う。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

この記事に対するコメントはまだありません