瘋癲ノ喜多サン

苦痛淫楽症

女は処女を喪失するときに痛みが生じるけれど、
回数を重ねるごとに快楽へと変わってくる。
これはSMでいうところの苦痛淫楽症、
そう性愛的マゾヒズムなんだよ。
ということは、
女は先天的にみんなマゾヒストということなんだね。
ただし、尊敬できるマスターにだけに支配されたい訳で
えっキミMなんだぁ、じゃあちょと縛らせてよなんて口走る低脳なおじさんには、
噛みついて来ますからね。



 

キュレーター紹介

独自に染め上げた色鮮やかな染め縄を使った緊縛が特徴。自身も緊縛師として全国で活動する傍ら、日本におけるBDSM(bondage, dominance and submission, sadomasochism)に関する文化や価値観を改めるための活動を精力的に行っている。当Webメディア「SMLuxury(エスエムラグジュアリー)」では、編集長としてBDSMに関する情報発信を行う。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

この記事に対するコメントはまだありません