瘋癲ノ喜多サン

恋愛は上品で粋で淫靡で

昭和の時代は、かけおちだとか心中だとか、
情熱的で破壊的で刹那的な恋愛をよく耳にした。
令和の今は、出会いはネット別れはブロック、
短絡的でクールな恋愛が横行している。
その時代にあった恋愛事情セックス事情で、
それはひとつの文化だ。
個人的には恋愛は上品で粋で淫靡なものがいいですね。





 

キュレーター紹介

独自に染め上げた色鮮やかな染め縄を使った緊縛が特徴。自身も緊縛師として全国で活動する傍ら、日本におけるBDSM(bondage, dominance and submission, sadomasochism)に関する文化や価値観を改めるための活動を精力的に行っている。当Webメディア「SMLuxury(エスエムラグジュアリー)」では、編集長としてBDSMに関する情報発信を行う。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

この記事に対するコメントはまだありません