瘋癲ノ喜多サン

破壊的な別れ

相手の気持ちを思いやることは大切だけれど、
そのために自分の行動を必要以上に制限するのは決していい結果を生まないんだ。
ある時に自分の不自由さに気づき、
思いやっているはずの相手の不誠実さを恨むようになり怒りが爆発するんだ。
最後は破壊的な別れが待っている。
そんなふたりをよく目にするよね。

キュレーター紹介

独自に染め上げた色鮮やかな染め縄を使った緊縛が特徴。自身も緊縛師として全国で活動する傍ら、日本におけるBDSM(bondage, dominance and submission, sadomasochism)に関する文化や価値観を改めるための活動を精力的に行っている。当Webメディア「SMLuxury(エスエムラグジュアリー)」では、編集長としてBDSMに関する情報発信を行う。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

この記事に対するコメントはまだありません