イベントレポート

緊縛教室レポート


11/11(土)名古屋スタジオ緊縛教室 19時~22時
参加費 4000円 講師 喜多征一  受け手 惠 他一般参加者様

この日は縛り手の男性が5人、受け手の女性が2人、縛り手&受け手で半々で参加された女性が1名となりました。
縛り手と受け手の両方で参加される女性は、参加費半額の2000円でレッスンをうけられます。(状況に応じて通常参加の縛り手のみに徹していただく場合もあります)
縛りに興味のある女性がふえているので、女性におすすめの受講方法です。

この日は遠方より、教室前に個人レッスンを2時間いれてそのまま通常の教室のレッスンと、計5時間の練習をされた生徒さんもみえましたが、やはりつめて通われると上達が早いですね。

ローテーションしながら後手縛りの練習をしていきます。
受け手が三人いれば、3人とも体系が違うので三者三様に縛らないといけません。
その人が大丈夫でも、また違う受け手にかけた時に「それは痛い」と言われることもあると思いますが、
「え?あの人はこれで大丈夫だったのに!」ではその人それぞれにあった縄をかけられません。
受け手さんからもらったアドバイスをきちんと受け取りましょう。

教室後半には、今後習っていく過程である【後手→足縛り→ホグタイ】までを講師の喜多が見本を見せました。

みなさん師の技を真剣に見ておりました。

緊縛を習いたい方も、初心者の方でも安心してお越しいただける教室ですので、ぜひ一度おこしください。
縛られたい女性は喜多からの緊縛も受けることが出来ますので、興味のある方は是非お問合わせフォーム、またはglamdy.shibari@gmail.comまで、「受け手希望」と書いてご連絡くださいね。
 

緊縛教室スケジュール

現在東京スタジオと、名古屋スタジオの2店で開催しています。
イベントカレンダーを見る 

開催場所

名古屋 STUDIO GLAMDY SHIBARI
名古屋市東区筒井3-4-7
最寄駅:JR千種駅 地下鉄 車道駅

東京 STUDIO GLAMDY SHIBARI
東京都大田区田園調布(住宅地の為詳しい住所はご予約時にお伝えしております)
最寄駅 田園調布駅 多摩川駅
 

キュレーター紹介

幼少の頃に映画で見てしまった ” 女性が追い詰められ首を絞められるシーン ” で 自分の中の性が目覚めるのを知ったとゆう惠。 思春期になり本屋で偶然に発見したトレヴァーブラウンの画集に描かれた 痛々しい姿の少女達の絵に衝撃を受けるが、 その痛々しい姿の少女達と自分を置き換えて作品を 見ている自分に気づき自分の M 性を感じたとゆう。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

この記事に対するコメントはまだありません