シバリガールズ

なぜ緊縛をすすめたいか


最近、従来の男性目線の緊縛ではなく女性視点での緊縛に興味をもってくださる方が多いように感じています。
それはいかに相手を気持ちよくできるか、相手への思いやりであって優しい縄だと思うので、女性に限らず男性も、緊縛を受けた方がハッピーになる縄がどんどん広まってほしいと思っております。

なぜ緊縛をうけることでハッピーになれるのか?
簡単に言うと、それは緊縛によって縄で肌にストレスをかけることで、脳内でモルヒネ以上の鎮痛効果があるというエンドルフィンが分泌され、多幸感をもたらすからだと言います。
縄を解いた後、緊縛を受けた方がまるで子供の様な笑顔でわらっていたり、すべて出し切って菩薩の様な表情になっていたりするのはこの多幸感からでしょう。
ただそれには、エンドルフィンによる現象だけでなく「気持ちよくさせてあげたい、高みにつれていってあげたい、心を解放してあげたい・・・」等、一心に縛り手からの思いやり、優しさを受け、それを体と心で感じる事も大きく関係していると思います。
大人になってから、日常生活の中でこんなにも集中して誰かの優しさを身をもってうける時間とは非日常であり、特別ですよね。


私は緊縛をうけるようになってから2年ほどたちます。
最初の頃は撮影を目的とした緊縛が多かったため、緊縛のもつ精神性に気づかずにいましたが、長時間縛られることが多くなったり、定期的に行われる緊縛ライブなどで縛られることにより、だんだん緊縛時における脳の変化や精神性に気づいてきました。

私は日常的に自分の気持ちを外に出す事があまりなく自分と向き合うのが苦手なタイプですが、
先日の日曜道場の緊縛ライブの際は、緊縛を受けて私の中の泥々とした感情が濃縮還元されて涙という形でたくさん外に出すことができました。終わった後脳の曇りが取れたようで、目が何日間か冴え冴えでスッキリしていました。
これが緊縛の凄いところです。
緊縛で心をほぐしてすっきりすることができるので「セラピー」とよべるのだと思います。

だから皆さんにも是非緊縛をすすめたいのです。
女性も男性も、相手を思いやる縄をかけてもらって心を解放してみませんか?
いつもより日常生活に張りが出ると思いますよ。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
STUDIO GLAMDY SHIBARIでは現在、SHIBARI GIRLSや一般参加の女性が縛りの受け手として参加しています。
に受け手をやってみたいという女性はぜひ1度道場に遊びにいらしてくださいね!


あなたも縛緊を受けてみませんか?

 

キュレーター紹介

幼少の頃に映画で見てしまった ” 女性が追い詰められ首を絞められるシーン ” で 自分の中の性が目覚めるのを知ったとゆう惠。 思春期になり本屋で偶然に発見したトレヴァーブラウンの画集に描かれた 痛々しい姿の少女達の絵に衝撃を受けるが、 その痛々しい姿の少女達と自分を置き換えて作品を 見ている自分に気づき自分の M 性を感じたとゆう。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

この記事に対するコメントはまだありません