イベントレポート

TOKYO STUDIO GLAMDY SHIBARI


TOKYO STUDIO GLAMDY SHIBARI リニューアルオープン



東京スタジオがリニューアル拡張移転!
4/22(土)4/23(日)は、オープニングイベントとして、東京では初の緊縛教室と喜多日曜道場が行われました。

初日に行われた教室は満員御礼。
受け手志望の女性が遠方からも来場されたり、
習いに来られた方の中には海外の方や、緊縛同好会の学生さんなど、
幅広い層の方がおみえでした。


喜多日曜道場では、
緊縛、SMに興味のある方がBDSMの世界観を覗きに、
喜多の下で緊縛を習っている生徒さん、
縛られたい女性、男性、性マイノリティの方、
Mになりたい若い男性、MだったけどSになりたい方、ただ見ていたい方等々、
個性的な方たちがご来場され、縛ったり縛られたりお話をしたり、とても面白い道場となりました。

縛られた後の女性の流す涙、
晴れやかな顔、
緊縛体験された方々は憑き物がとれたかのように、行きと帰りの表情が変わっておりました。

STUDIO GLAMDY SHIBARIに来られる方は、殆ど初心者の方が多いですが、SMに対するイメージの払拭や、皆様にとってご自身の心を解放させる良いきっかけになれれば幸いです。


TOKYO STUDIO GLAMDY SHIBARI
大田区田園調布(ご予約時に住所をお伝えしております)

東京スタジオイベント開催日程はこちらからチェック!
イベントカレンダー

東京スタジオ 写真


 

キュレーター紹介

幼少の頃に映画で見てしまった ” 女性が追い詰められ首を絞められるシーン ” で 自分の中の性が目覚めるのを知ったとゆう惠。 思春期になり本屋で偶然に発見したトレヴァーブラウンの画集に描かれた 痛々しい姿の少女達の絵に衝撃を受けるが、 その痛々しい姿の少女達と自分を置き換えて作品を 見ている自分に気づき自分の M 性を感じたとゆう。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

この記事に対するコメントはまだありません