シバリガールズ

孤独。


(緊縛 撮影 喜多征一)

偶像で満足していた私は身勝手で一方通行であり、
パートナーの愛し方を知らなかったのかもしれない。

ひとつひとつ紐解いていくと優しい気持ちになる。

あなたの苦しみを私はきっと分からないし、私の苦しみもまたあなたにはきっと分からない。

あなたは私ではないし、私はあなたではない。

どこまで分かり合えたつもりでも人は孤独なものだからこそ求め合う。

依存しあうのは楽だけど、良好なパートナー関係ではない。

愛憎の成れの果てではない、自立した大人のSとMの時間を・・・


 

キュレーター紹介

幼少の頃に映画で見てしまった ” 女性が追い詰められ首を絞められるシーン ” で 自分の中の性が目覚めるのを知ったとゆう惠。 思春期になり本屋で偶然に発見したトレヴァーブラウンの画集に描かれた 痛々しい姿の少女達の絵に衝撃を受けるが、 その痛々しい姿の少女達と自分を置き換えて作品を 見ている自分に気づき自分の M 性を感じたとゆう。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

この記事に対するコメントはまだありません