シバリガールズ

黄華、SHIBARI GIRLSやるってよ(2) (1/3)

前回の記事→ http://smluxury.jp/news/post_527.html


5月15日 月曜日
個人セラピーの前に撮影の予定なので
約束の12時にGLAMDYに到着しました。

3階のいつもの和室に上がると、
ふんわりとお香が焚かれ音楽が流れていて
既に先生が準備をしてお待ちになっていました。

メールで「撮影をしましょう」と言われ、
私も「わかりました」と答えただけで、
当日まで何の打ち合わせも質問もせずでした。
とりあえず、私は衣装さえあれば何とかなるだろう
みたいな考えで下着や水着を含めると
10着くらいの衣装を持ってきていたので、
「衣装、たくさん持ってきちゃいました」と伝えると
順番に好きなのを着て何種類か撮ろうということになりました。

キュレーター紹介

昼は処女、夜は淑女で、真夜中は娼婦。 どこにでもいる受付事務員ですが、名古屋にいるときはSHIBARI GIRLSになったりならなかったり。本人に自覚はありませんが、口が上手いと言われがちです(色んな意味で)

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

この記事に対するコメントはまだありません