瘋癲ノ喜多サン

闇は闇であり異端は異端でしかない

若い頃は、闇こそ光り輝いて見えて憧れの存在だった。
異端こそ革命であり人間が生きる正統な在り方だと思い体制を批判した。
あらゆる既存のものに反感をもち反抗することで、自分の存在理由を誇示してきたんだ。
歳を重ねると、闇は闇であり、
また光は闇のおかげで輝いて見えるぼんくらな存在で
異端は正統の一部で、正統なんものに飲み込まれてしまっている不完全なものだと気づく
ならば存在させられてる間は、なにか人の為になることをしようと思ったら
ずいぶんと生きやすくなってくるんだな、
歳を取るのもまんざら悪くないものだ。



 

キュレーター紹介

独自に染め上げた色鮮やかな染め縄を使った緊縛が特徴。自身も緊縛師として全国で活動する傍ら、日本におけるBDSM(bondage, dominance and submission, sadomasochism)に関する文化や価値観を改めるための活動を精力的に行っている。当Webメディア「SMLuxury(エスエムラグジュアリー)」では、編集長としてBDSMに関する情報発信を行う。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

この記事に対するコメントはまだありません